音楽ナタリー PowerPush - DREAMS COME TRUE

祝・デビュー25周年「ATTACK25」特集

中村正人×亀田誠治対談

胸を張って「ヒット曲が好き」と言える

亀田 それにしても25年間、美和さんの歌に向き合い続けるってすごいことですよね。ものすごい音楽愛がないとできないと思う。

左から中村正人、亀田誠治。

中村 うん、音楽は好きですね(笑)。

亀田 音楽に対する愛情も知識もすごい。マサさんみたいな人になりたいっていつも思うんです。

中村 いや、でも僕音楽には詳しくないです。吉田のほうが数倍詳しい。毎月100枚以上CD買ってますよ、あの人。Dirty Loopsとか教えてくれたのも吉田だからね、まだ誰も知らないうちから。

──お2人とも音楽への愛は共通してますよね。

中村 あと亀ちゃんと僕が共通してるのは、ヒット曲が好きってことだよね。

亀田 好きですね。胸を張って好きと言える。ヒット曲って単純にワクワクするんですよね。

中村 うん、そういうものを自分で作りたいと思い続けて何十年。今回も「Bee Geesみたいな曲を1曲書いて」って言われたんで、Bee Geesを聴き直したんだけど、もう涙が出るくらいヒット曲なわけ。「Stayin' Alive」とか、あんなヤバいベースないよね! 例えばAbbaもそうだし、Queenもそう。The Beatlesなんてヒット曲のDNAしかない音楽を最初から作ってるじゃないですか。The Rolling Stonesやポール・マッカートニーはちょっと違って、ときどきハズしたりするんです。だけどジョン・レノンは1曲もハズしてない。

亀田 なるほど。

中村 ドリカムでもそういう曲を作りたいってずっと思ってるんですよ。

亀田 でもドリカムは今言ったような洋楽の諸先輩方と同じ領域に入ってますよ。ライブに行くとお客さんがみんな歌ってる。あの感じ、間違いないですよ。

中村 そういう楽曲を1曲でも増やしていきたいんですよね。

ポップでキャッチーなものしか出てこない

──お2人ともヒットを意識して曲を作るとおっしゃいますが、そこで自己主張やアーティストとしてのエゴを入れたくなることはないんでしょうか?

中村 そこで言うとね、さっき言ったように不器用だから、自分しか出せないんです。僕を出すっていうことがヒット曲を作るっていうことなの。僕自身がヒット曲しか好きじゃないから。例えばアートっぽい曲を作ろうと思ってもできないんですよ。

亀田 僕もできない(笑)。

中村 ブライアン・イーノとか大好きなんですよ。1人で打ち込みを重ねて「Tubular Bells」みたいなアルバムも作ってみたい。でも僕がやることじゃないなってやっぱり思うんです。

亀田誠治

亀田 うん、純粋にポップでキャッチーなものが好きで、そればっかり食ってきたもんだから、自分の中からそういうものしか出てこないんですよ。だからこそ、言うことをまったく聞かない暴れん坊みたいな連中と一緒にやると、いい化学反応が起きたりするんですけど。

中村 うちもそうかもしれないですね。

自分がやってきたことはなぞりたくない

──長年活動を続けていて、曲のアイデアが枯渇することはありませんか?

中村 若いとき、先輩たちから「出がらしになっちゃうときが来るよ」って言われても「そんなことありえない」って思ってたんです。なぜかというと僕が好きな大ヒット曲が何万とあって、それを1個1個なぞっていけばいいと思ってたから。

──どういうことですか?

中村 例えばEarth, Wind & Fireの「Let's Groove」が好きだったら、それをお手本にして「決戦は金曜日」を作ればよかった。そんな手法でいくらでもできると思ってたんです。ところが僕らも200曲以上作って、実は今カラカラになってる。曲を作ろうと思っても、何も浮かばないときがあるんですよね。だってこの25年の間に、何万のヒット曲のうちの99%はほかの人がもうやっているわけ。でも例えば吉田に教えてもらってDirty Loopsを聴くとスイッチが入ってまた作れたりする。そういうのが今、自分の中で面白いですね。

──なるほど。

左から中村正人、亀田誠治。

中村 それとやっぱり自分がやってきたことはなぞりたくないじゃない? Earth, Wind & FireがEarth, Wind & Fireのコピーを始めたときに、僕はもう見放したから。つまんなくなっちゃった。

亀田 そうですね。

中村 うん、それだけはやっちゃいけないって思ってたわけですよ。でもね、今回ポール・マッカートニーの「NEW」を聴いて驚いたの。若いプロデューサーがポール・マッカートニーにポール・マッカートニーを求めた結果、すごくいいアルバムができたっていう。あれを見て、俺もまたドリカムを新しくどこかに向かわせることができるんじゃないかなって思った。ミック・ジャガーとポール・マッカートニーがあれだけいいライブをしていいアルバムを作ってくれたことは、俺にとって最高にうれしい出来事だったんだよね。

CONTENTS TOP
中村正人×百田夏菜子(ももいろクローバーZ)対談
中村正人×ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)対談
中村正人×亀田誠治対談
著名人アンケート「私の好きなドリカム」
中村正人インタビュー
ニューアルバム「ATTACK25」 2014年8月20日発売 / UNIVERSAL SIGMA
初回限定盤 [CD+DVD] / 4104円 / UMCK-9725
通常盤 [CD] / 3240円 / UMCK-1525
CD収録曲
  1. THE CHANCE TO ATTACK WITH MUSIC
  2. ONE LAST DANCE, STILL IN A TRANCE
  3. あなたにサラダ以外も
  4. I WAS BORN READY!!
  5. MONKEY GIRL - 懺鉄拳 - (懺鉄拳の懺は懺悔の懺)
  6. 軌跡と奇跡
  7. FALL FALLS
  8. MORE LIKE LAUGHABLE
  9. さぁ鐘を鳴らせ
  10. 愛して笑ってうれしくて涙して
  11. 想像を超える明日へ - Album Version -
  12. MADE OF GOLD ―featuring DABADA―
  13. この街で
  14. MY TIME TO SHINE
  15. 愛がたどりつく場所
  16. AGAIN - Album Version -
初回限定盤DVD収録内容

撮り下ろし&レア映像満載の豪華85分。25周年を記念したスーパーでスペシャルな架空テレビ番組「THE CHANCE TO ATTACK WITH MUSIC」。なんと!あの日本テレビ系列の人気音楽番組「LIVE MONSTER」の制作チームが全面協力!アタックマン、チャンスウーマンの2人が登場し、さまざまなレアコンテンツを紹介!

DREAMS COME TRUE(ドリームズカムトゥルー)

吉田美和(Vo)と中村正人(B, Arrangement , Programming)による2人組バンド。1989年にメジャーデビューし、1992年発売の5thアルバム「The Swinging Star」は当時の日本記録となる300万枚以上のセールスを記録する。その後もシングル、アルバムともにミリオンヒットを連発し、ソウル / R&Bを基軸にしたサウンドが老若男女問わず幅広い層から支持されている。2014年にはデビュー25周年を迎え、同年8月20日に通算17枚目のオリジナルアルバム「ATTACK25」をリリース。8月23日からは全国13都市32公演におよぶ全国アリーナツアーをスタートさせる。なお1991年より4年に1回のペースで「史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND」と題したイベントを実施しており、エンタテインメント性を追求した内容で多くのファンを魅了し続けている。

亀田誠治(カメダセイジ)

1964年アメリカ・ニューヨーク生まれ。1989年に音楽プロデューサーおよびベーシストとしての活動を始める。これまでに椎名林檎、平井堅、スピッツ、いきものがかり、GLAY、アンジェラ・アキ、JUJU、秦基博、エレファントカシマシ、MIYAVI、赤い公園、東京スカパラダイスオーケストラなど数多くのアーティストのプロデュース、アレンジを手がける。2004年に椎名林檎らと東京事変を結成し、2012年閏日に惜しまれつつ解散。2013年には2回目となる自身の主催ライブイベント「亀の恩返し」を日本武道館にて開催し、映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の音楽プロデュースを担当するなど、さまざまな形で音楽作品を届けている。