Coming Next 委員会PR

音楽があるのとないので気分が変わる

──今日はお二人に普段使っているヘッドフォンやスピーカーを持ってきてもらいました。

PARROTのヘッドフォンで音楽を聴く須賀健太。SONYのインナーイヤー型イヤフォンで音楽を聴く須賀健太。

須賀 このPARROT ZIK 3っていうヘッドフォンがお気に入りです。ヘッドフォンの横の部分に触れるだけで音量を上げたり、曲を送ったりできるんですよ。ノイズキャンセリング機能も付いてるからしっかり音楽に集中できるし、専用のアプリで音質もいろいろいじれるんですよ。最強のヘッドフォンですね。

菅野 ビジュアルも形もレトロでかわいいですね。

須賀 もう1つはSONYのインナーイヤー型イヤフォン。僕、耳に直接音を送り込みたい欲が強いのでインナーイヤー型がけっこう好きなんです。CDを買って最初に聴くときもインナーイヤーで聴くことが多いですね。軽いから持ち運びにも便利なので、このイヤフォンを一番使っているかもしれない。菅野さんはなかなかゴツいヘッドフォンをお持ちですね。

SHUREのヘッドフォンで音楽を聴く菅野結以。BEATSのワイヤレスヘッドフォンで音楽を聴く菅野結以。

菅野 SHUREのヘッドフォンなんですけど、すごく音のキレがよくてダイナミックな音を楽しむことができるんです。仕事用に使うことが多くて、ラジオのときや遊びでDJをやるときもこのヘッドフォンですね。もうちょっと気軽に聴くときはこっちのBEATSのワイヤレスヘッドフォンを使います。

須賀 BEATSはみんな持ってますよね。僕も欲しい。

BOSEのワイヤレススピーカー。

菅野 すごくコンパクトに折りたためて気軽に持ち運べるんですけど、低音がしっかり鳴るので小さいのに優秀なヘッドフォンだと思います。もう1つ持ってきたのがBOSEのワイヤレススピーカー。友達の家に集まるときとか、アウトドアでも使える優れものです。

須賀 アウトドアで音楽をみんなで聴くの、超イイっすよね。

菅野 音楽があるのとないので全然気分が変わるので、めちゃくちゃオススメです。

音楽に負けてられない

──お二人にとって音楽はどういう存在ですか?

菅野 私は生きるためのエネルギー源だと思ってます。私、好きなアーティストの来日とかフジロックとか行きたいライブの日程が決まったらすぐに事務所にスケジュールNGの連絡をします。自分がスケジュールのNGを出すのってライブの予定くらいなんですよ。ほかのプライベートの予定だったら基本的に仕事を優先してるんですけど、いいライブがあるときは仕事してる場合じゃないと思っています(笑)。

須賀 本当にライブが好きなんですね。

菅野 実はこの間、別のお仕事で「音楽は生活に必要かどうか」みたいな話をしたんですけど、厳密に言えば音楽がなくても生きていけると思うんです。でも私は無駄になって省かれていくものの中にこそお宝は潜んでいると思っているし、無駄を排除していくとホントに人生が味気ないものになってしまう。そんな無駄の中で最高のものが音楽なんじゃないかなって。テンションが下がってどうしようもないときに助けてくれたのは音楽だし、音楽を聴いて心を入れ替えて仕事に臨むこともたくさんあるし。音楽がなかったらいい仕事もできなくなると思います。

須賀健太

須賀 僕も音楽がなかったら仕事ができないかもしれないですね。僕にとって音楽は自分を知れるものだと思うんです。人間が個性的になるために必要なものと言うか、自分を表現したり、自分の思いを言葉で伝えたりするために大きな助けになってくれるのが音楽だと思うんです。アーティストさんが作った曲に自分の感情が乗っかって、バンドやシンガーさんの思いが自分の大切なものになる、その過程が僕はものすごく好きで。さっき話した通り、役者として活動していく中で音楽は切り離せないものになっているので、音楽はもう僕の一部だと思っています。ただ俳優としては音楽に負けてられないって思いもあるんです。

──それはどういうことですか?

須賀 音楽ってあんなに短い時間で人間の感情を揺さぶれるわけですから。例えば僕が舞台で演じて3分で人の感情を揺さぶれるかっていったらすごく難しい。それをいろんなアーティストがいろんなアプローチでやっているわけですから、僕ら俳優も負けてはいられないと思うんですよね。