auスマートパス・うたパスPR

コブクロ×福士蒼汰×工藤阿須加|映画「ちょっと今から仕事やめてくる」公開記念 “心”を楽にする座談会

コブクロが約1年半ぶりとなるニューシングル「心」をリリースした。映画「ちょっと今から仕事やめてくる」の主題歌として制作されたこの曲は、ドラマチックなメロディ、壮大なスケール感を備えたアレンジ、「心が 生きているなら / 誰も 一人じゃない」というメッセージを込めた歌詞が1つになった感動的なバラードナンバーに仕上がっている。

音楽ナタリーでは、コブクロの小渕健太郎、黒田俊介、そして映画の主人公・ヤマモトを演じた福士蒼汰、ブラック企業で働く青山隆を演じた工藤阿須加の座談会を実施。主題歌「心」の制作秘話、映画に込められたメッセージ性、仕事に対する考え方などについて語ってもらった。

取材・文 / 森朋之 撮影 / 佐藤類

“心”そのものを歌いたいと思ったのは、今回が初めてなんです

──コブクロのニューシングル「心」は、小渕さんが実際に映画を観たうえで楽曲を書かれたとか。

コブクロ、福士蒼汰、工藤阿須加。

小渕健太郎(コブクロ) はい。完成した映画を観させてもらって、そのときの印象を基にまず歌詞を書いて。観終った直後に書いたメモがあるんですが、福士さん、工藤さんが演じたヤマモトと青山の関係性や、失ったものを取り戻そうとする姿を歌にしたいと思ったんですよね。

黒田俊介(コブクロ) 小渕から上がってきた曲を聴いたとき「(映画の内容が)小渕自身の経験に当てはまってるから、この歌詞とメロディが出てきたんだろうな」と思って。すぐに「これはいいね」という話をしました。

小渕 18歳から4年間、大阪で営業マンをやっていたことがあるんです。もうね、映画のまんまだったんですよ。もしかしたら当時の上司のほうが怖かったかもしれないけど(笑)。

工藤阿須加 え、そうなんですか!?

「ちょっと今から仕事やめてくる」より。

──吉田鋼太郎さんが演じるブラック企業の上司もめちゃくちゃ怖いですけどね。福士さん、工藤さんは「心」を聴いて、どんなふうに感じましたか?

福士蒼汰 初めて聴いたのが映画の試写だったんですが、「この映画の世界を包んでくれる歌だな」と思いました。この曲の歌詞とメロディが映画を代弁してくれているというか。あと、すごく口ずさみたくなる曲なんです。1回聴いただけで口からスッと出てきて。

工藤 映画が完成して、コブクロさんの曲を聴かせてもらったときは、自分自身が救われたような感覚になりました。映画と音楽が重なることで生まれる力は、これほどまでに大きいのかと思いました。

小渕 うれしいですね。これまでも歌詞の中で“心”という言葉を使ってきたんですが、“心”そのものを歌いたいと思ったのは、今回が初めてなんです。人間の心は他人には見えないので、表情はにこやかにしていても、心はそうじゃないこともあると思うんですよ。「本当は楽しくないのに楽しそうにしなくちゃいけない」みたいなことが続くと、心がどんどん疲れていくじゃないですか。そのうちにバランスが取れなくなって、その人の中で歯車が狂い始めて……。2、3日なら大丈夫かもしれないけど、それが1カ月くらい続くと様子がちょっとおかしくなったり。

「心が生きているなら 誰も一人じゃない」は本当にヤマモトと青山にピッタリ

──まさに映画の中の青山のような状況ですよね。パワハラ上司に追い詰められて、心身のバランスを失ってしまうので。

小渕 そうなってしまうと、心を浄化するのに時間がかかってしまうと思うんです。ヤマモトと青山も手と手を取り合いながら、なんとか心を取り戻そうとするんだけど、初めからガッチリと1つになっているわけではなくて。

工藤 そうですね。

左から福士蒼汰、工藤阿須加。

小渕 2人で手探りで進んでいきながら、お互いが相手の心に寄り添って。相手ができないことをやってあげて、言えないことを言ってあげることで、「もともと自分はこういう人間だった」ということに気付くんですよね。そういうことは僕自身にも経験があるし、この映画が伝えたいことの1つなのかなと。

──ヤマモトと青山の関係の変化、そこで生まれる深い友情がこの映画の核ですからね。

福士 そうなんです。自分が演じたヤマモトも、ある出来事がきっかけになって、心が半分になってしまっているんです。ストーリーの中ではヤマモトが青山を助けようとするんですが、「実はヤマモトが助けてもらってるんだ」ということを常に考えていました。暗闇の中にいる2人が光に向かって歩いていくような意識で演じていたというか。

工藤 「心」の歌詞にある「心が生きているなら 誰も一人じゃない」は、本当に2人にピッタリだなと思います。青山は自分から心を閉ざして1人になってしまうんですが、それはまさに心が死んでいくような感じだと思っていて。ヤマモトと出会うことで心を取り戻すきっかけをつかむわけですが、この歌を聴いたときに、青山というキャラクターの全部のピースがそろったような気がしたんですよね。

「何かあったら、やめてもいい」という気持ちが心を楽にしてくれる

──それにしても青山が追い詰められていくシーンには胸が詰まりました。仕事がうまくいかず、どんどん目が死んでいく演技がすごくて。

「ちょっと今から仕事やめてくる」より。

黒田 目が死んでいくって、それ、褒めてるんですか?(笑)

小渕 (笑)。でも、そこはポイントですよね。僕は「心」という曲を通して、“心は腐ることもある”ということも表現したかったんです。「湿った段ボールの中に / 君を閉じ込めていた」という歌詞があるんですが、風通しが悪くて、光が入らない場所にずっといると、中に入ってるものは腐るじゃないですか。映画の中で、実家から段ボールで送られてきた野菜を青山が腐らせてしまうように。

工藤 そうですね。

小渕 食べられなくなった野菜は捨てられるけど、心は捨てる場所がないんですよ。新しい心と取り換えることもできないし、そのまま生きていくしかない。カビが生えても、腐ってしまったとしても、死ぬまでこの心で生きていかなくちゃいけない……そういうふうに思えれば、心は再生できると思うんです。そのきっかけになるのが、誰かが差し伸べる手なんですよね。無理矢理に窓をこじ開けようとすれば拒否されるかもしれないけど、タイミングを見ながら、ちょっとずつ風を通してあげて。そのときにお互いを認め合って、傷跡をしっかり見ることができれば、光は必ず見えてくるんじゃないかなって。「心」の中でそういう表現ができたのも、会社員として働いた経験があるからだと思いますね。

黒田 僕は小渕とは真逆で、社会人の経験がまったくないんです。ただ、同じ場所に立って同じことをしていたとしても、自分の気持ち次第で前向きに捉えることはできると思っていて。“すべては自分の心次第”という部分で、この曲と自分を重ね合ってる感じなんですよね。例えばライブのときも「少しでもいい歌を届けたい。そのためにはどうしたらいいだろう?」ということしか考えないので。

福士蒼汰

福士 そうなんですか。自分はヤマモトと少し似ていて、かなり楽観的なんです。こんなことを言っていいのかわからないですけど、「何かあったら、やめてもいい」という気持ちをどこかに持っていて。その意識が心を楽にしてくれるし、逆に「仕事をがんばろう」という気持ちにつながるんです。自分の中である意味逃げ道を用意することで、心の余裕が生まれるという。基本的にポジティブだし、あまり悩んだりしないんですが。「寝るか、行動するか」という感じなので。

黒田 小渕と同じタイプですね。

小渕 そうかもね(笑)。

黒田俊介

黒田 僕はわりと悩んでしまうほうなんですけどね。ネガティブなところがあるからこそポジティブになろうとするんだけど、小渕にはそんな必要すらないですから。この世で起こったことを最初からすべてプラスに捉えてしまうので。

小渕 黒田とは真逆かもしれないですね。もしかしたら、そうなれたのもサラリーマン生活のおかげだと思います。あの4年間は僕の人生の中で、一番キツかったんですよ。そのときと現在を照らし合わせることで、今が明るく見えることもあるんじゃないかなって。僕自身、音楽をやり始めてからはつらいと思ったことがないですからね。ただ、うまくいってるときは怖いですね。追い風が吹いてるときこそ、黒田と2人でしっかり足元を見るようにしているし、「ブレないように」と意識しながら進むようにしていて。そういうことを繰り返しながら、来年で20年になるっていう。

工藤 すごいですね。

小渕 むしろ逆境のほうが楽しいんですよ。「これを乗り越えたら強くなれる」と思うし、きついことを経験すると勲章をもらえたような気分になるので。苦労は買ってでもしろ、なんて言うじゃないですか。

黒田 僕は全然楽しくないですけどね、逆境なんて。

福士工藤 ははははは!(笑)

うたパス

3000以上のプレイリストが聴き放題!

最新曲「心」を含むコブクロプレイリストはこちら

プレゼント

TOHOシネマズ ギフトカードをうたパス会員10名様に抽選でプレゼント

募集締め切り:
6月20日(火)12:00

応募はこちら

※スマホ、タブレットよりアクセスください。

映画ナタリー Power Push 「ちょっと今から仕事やめてくる」福士蒼汰×工藤阿須加インタビュー
「ちょっと今から仕事やめてくる」
2017年5月27日(土)全国公開
「ちょっと今から仕事やめてくる」
ストーリー

ブラック企業で働く青山隆は、疲労のあまり駅のホームで意識を失い電車にはねられそうになったところを謎の青年・ヤマモトに助けられる。青山はこの出会いをきっかけにヤマモトと親しくなり、彼からアドバイスをもらうことで仕事の成績が徐々に上がっていく。そんな折、青山は深刻な顔をして墓地へ向かうバスに乗るヤマモトの姿を見かけ……。

スタッフ / キャスト

監督:成島出

出演:福士蒼汰、工藤阿須加、黒木華、小池栄子、吉田鋼太郎ほか

原作:北川恵海「ちょっと今から仕事やめてくる」

主題歌:コブクロ「心」

コブクロ「心」
2017年5月24日発売 / Warner Music Japan
コブクロ「心」初回限定盤

初回限定盤 [CD+DVD]
3024円 / WPZL-31296

Amazon.co.jp

コブクロ「心」通常盤

通常盤 [CD]
1296円 / WPCL-12633

Amazon.co.jp

CD収録曲
  1. HELLO, NEW DAY
  2. LIFE
  3. 心(Instrumental)
  4. HELLO, NEW DAY(Instrumental)
  5. LIFE(Instrumental)
初回限定盤DVD収録内容

Ghana Presents コブクロ アコースティック プレミアムライブ@豊洲PIT 2016.08.01

  • ストリートのテーマ
  • MC
  • 君色
  • Rising
  • MC
  • tOKi meki
  • そばにおいで
  • MC
  • hana
  • 風見鶏
  • MC
  • 未来
  • アンコールMC
  • One Song From Two Hearts
  • MC
  • ANSWER
コブクロ
コブクロ
1998年、路上ライブをしていた小渕健太郎と黒田俊介が出会い結成。2000年3月に大阪・梅田バナナホールで初ワンマンライブを敢行し、2001年シングル「YELL~エール~」でメジャーデビュー。2005年に発売したシングル「ここにしか咲かない花」「桜」がロングヒットを記録する。2006年5月には初の日本武道館公演を大成功に収め、続いてリリースしたベストアルバム「ALL SINGLES BEST」は350万枚を超える大ヒットに。その後も数々のヒット曲やコラボ作を発表し、活動の幅をさらに拡大させるが、2011年8月末に休養を発表した。2012年7月に復活を宣言。2015年12月発売のシングル「未来」は映画「orange -オレンジ-」の主題歌として話題になった。2016年6月には約2年半ぶりのアルバム「TIMELESS WORLD」を発売。2017年5月に映画「ちょっと今から仕事やめてくる」の主題歌であるシングル「心」をリリースした。同年7月8日から全国ツアー「アサヒもぎたて presents KOBUKURO LIVE TOUR 2017 “心”」を実施。
福士蒼汰(フクシソウタ)
1993年5月30日生まれ。東京都出身。2011年に「仮面ライダーフォーゼ」で初主演を務めて注目を集める。その後はNHK連続テレビ小説「あまちゃん」や「図書館戦争」シリーズ、「ストロボ・エッジ」「無限の住人」など話題作に立て続けに出演した。7月期の日本テレビ系連続ドラマ「愛してたって、秘密はある。」に主演。公開待機作には「曇天に笑う」「BLEACH」「旅猫リポート」「ラプラスの魔女」がある。
工藤阿須加(クドウアスカ)
1991年8月1日生まれ。埼玉県出身。2012年にドラマ「理想の息子」で俳優デビュー。2014年には「百瀬、こっちを向いて。」「1/11 じゅういちぶんのいち」での演技が評価され、第24回日本映画批評家大賞の新人男優賞を受賞した。映画出演作は「アゲイン 28年目の甲子園」「夏美のホタル」「恋妻家宮本」。
  • スマートパス
  • スマートパスプレミアム
  • ビデオパス