音楽ナタリー Power Push - 超特急

ソロ&全員インタビューで紐解く“劇的な7人”の物語

未来への可能性

──そして、最後に収録される「Always you」は壮大なバラードです。

ユースケ (歌いながら)これ超好き。

コーイチ 「Seventh Heaven」で“愛が動き出し”て、僕らのモチーフ曲でたくさんの愛の形を表現して……今作ではいろんなところに変化球を投げたので、最後にこういうきれいなバラードを持ってくることによって、作品がまとまるのかなと思います。

──ボーカル2人の、抑揚を付けた歌声が印象的でした。

コーイチ この曲もタカシがすばらしいなと思う。「ありがとう」とか「いつまでもずっと」とか、そういうまっすぐなメッセージがキレイに濁りなく届けられるのが彼のいいところなので、本当にタカシ様様だなって。

左からタカシ、ユーキ。

タカシ 超特急の曲で完全なバラードって初めてだと思うんですけど、僕はコーイチのパキッとした歌声は、バラードですごく映えるなあと思います。

──今回の特集のソロインタビューのときに皆さんにメンバーモチーフ曲の楽曲解説をしていただきましたが、この曲を説明するとどんな言葉になりますか?

コーイチ なんだろう……「ありがとう」かな。

カイ 「未来へつなぐ思い」。

リョウガ 「出会えた幸せ」。

左からコーイチ、リョウガ、ユースケ。

タクヤ 「大好き」。

ユーキ 「ともに過ごす日々を」。

ユースケ 「一緒にいた時間」。

タカシ ……。

タクヤ 「タカシやで!」とか言うなよ?(笑)

ユースケ 今言いそうだった!

タカシ 言わんよ(笑)。「未来への可能性」でお願いします。

もっと強い絆を作りたい

──では最後に、「Dramatic Seven」という作品が完成した今の思いを聞かせてください。

リョウガ 前作のアルバム「RING」では僕ら「輪」をテーマに掲げていたけど、今回のテーマは「愛」ということで、“輪を広げる”という目標から一歩踏み込んだというか。僕ら超特急は1号車から8号車までがメンバーだと言って活動していますが、この「愛」っていうテーマにはただのアーティストとファンの関係よりもっと強い絆を作りたいっていう思いが込められているんです。そんな思いのもと、「Seventh Heaven」や個々のキャラが出たモチーフ曲があって……と、本当に超特急らしさが濃く表れた作品ができたと思います。どんな方にも超特急に興味を持ってもらえる、自分の人生の一部に足したいと思ってもらえるアルバムになっていると思う。

──改めて、超特急ってどんなグループだと思いますか?

カイ 変なグループ! 7人の個性が本当に強いし、パフォーマンスではシンプルにカッコいい曲ができれば、ダサさに振り切った曲もできるし。こんなに変わったグループはなかなかないと思うので、自分たちらしさをもっと磨いて、8号車含め超特急に関わってくれる人みんなで一致団結して、より上のステージに進みたいなと思います。

ユーキ 常識破りのグループです!

リョウガ 年末には大きなライブも決まっているしね。この年末のワンマン2日間でいかに8号車と“愛を確かめあえるか”っていうところで来年の僕らの行き先も決まってくると思う。これからも新しいことに挑戦していきたいし、7人と8号車で走っていきたいなと思います。

──ちなみに、皆さんが超特急の活動をしている中で“愛が動く”のを感じる瞬間はどんなときですか?

コーイチ 僕はライブですね。

左からカイ、タクヤ。

タクヤ 僕はライブの打ち合わせをしてるとき。どんなことがあってもライブが一番だし、みんなで「いいものを作り上げよう」とああだこうだ言っているときは愛を感じるなあ。

タカシ 僕はメンバーがいじってくれるときですね。自分の言ったことや行動でメンバーがアクションを起こしてくれるのは、すごくうれしいことだなって思う。

タクヤ 何言ってるの。気持ち悪いなあ。

リョウガ 勘違い乙。

タカシ ……そういうのは求めてないねん。そんなド直球のはいらん! せめてオブラートに包んで?

リョウガ 勘違い、お疲れ様ですっ!

──今のは、愛が動きました?

タカシ いや、割れました……。

リョウガ これも愛だよ。

ユーキ 僕は3つある。僕らが誰かの生きる糧になれていると感じたとき。円陣を組んだ瞬間。僕がバラエティで思いっきりスベったときに、メンバーがフォローしてくれたとき。

リョウガ フォローするのはグループのためだからな?

ユーキ えー! なんだよー。

コーイチ でも、そういう場面でユーキがガッと前に出てくれたときは、ユーキの超特急への愛を感じるよ。

──では最後、リョウガさんは。

リョウガ ……やっぱりこうやって、みんなで笑い合ってるときですね!

タクヤ うわあー! 言うと思った!!

コーイチ もうカタカナとかで、心がこもってない感じに書いといてください!(笑)

2ndアルバム「Dramatic Seven」 / 2016年10月26日発売 / SDR
通常盤[CD+ブックレット28ページ] / 3024円 / ZXRC-2007
Loppi・HMV限定盤 [CD+ブックレット4ページ] / 2700円 / ZXRC-2010
収録曲
  1. Seventh Heaven
  2. バッタマン(Lunatic ver.)
  3. 超えてアバンチュール
  4. LIBIDO
  5. スターダスト LOVE TRAIN
  6. Beasty Spider
  1. Beautiful Chaser
  2. Whiteout
  3. Peace of LOVE
  4. Yell
  5. ライオンライフ
  6. Clap Our Hands!
  7. Always you
超特急(チョウトッキュウ)
超特急

ボーカル2人の美しいハーモニー、奇抜で独特なダンスパフォーマンスで人気を集めている“史上初!! メインダンサー&バックボーカルグループ”。メンバーは1号車コーイチ(お父さん担当)、2号車カイ(神秘担当)、3号車リョウガ(ガリガリ担当)、4号車タクヤ(筋肉担当)、5号車ユーキ(ドジっ子担当)、6号車ユースケ(元気担当)、7号車タカシ(末っ子担当)の7人。2012年6月に1stシングル「TRAIN」でCDデビューした。2014年3月には6thシングル「ikki!!!!!i!!」を発売し、ホールツアーを実施。12月に1stフルアルバム「RING」を発表する。2015年6月にはデビュー3周年記念の9thシングル「スターダスト LOVE TRAIN / バッタマン」を発表。さらにインドネシア・ジャカルタでのライブイベントに出演し、海外“初開通”を果たす。9月に10thシングル「Beautiful Chaser」をリリースし、12月23、24日には東京・国立代々木競技場第一体育館でのワンマンライブを成功させた。2016年3月に関西テレビ・フジテレビ系ドラマ「お義父さんと呼ばせて」の主題歌を表題曲とするシングル「Yell」を発表。10月26日に2ndアルバム「Dramatic Seven」をリリースする。

超特急「BULLET TRAIN CHRISTMAS ONEMAN SHOW 2016 愛す。in Wonder Land」
2016年12月17日(土)
兵庫県 ワールド記念ホール
2016年12月24日(土)
東京都 国立代々木競技場第一体育館