音楽ナタリー

ふくろうず、完売の東名阪ツアーで“銀河”に届く新曲披露

158

ふくろうずが東名阪ツアーの最終公演を9月21日に東京・LIQUIDROOM ebisuで実施。満員の会場で、最新作「テレフォン No.1」の収録曲を中心に計17曲を演奏した。

「ふくろうずの内弁慶ツアー~パピプペピンポイントNo.1 ver~」と題したこのツアーは全公演ソールドアウトを記録する盛況ぶり。最終日となった東京公演のステージはアルバムのタイトル曲「テレフォン No.1」からスタートし、内田万里(Vo, Key)は曲中で「もしもし? トーキョー! カムバック!」と絶叫。それに応えるように会場からは大歓声が上がった。3曲目に激しいロックナンバー「パニック!パニック!パニック!」が披露されると、拳を突き上げるオーディエンスの姿も。バンドは序盤から「テレフォン No.1」の収録曲を立て続けに演奏し、新たなモードを見せつけた。

ライブの中盤では内田が弾き語りで初期の代表曲「ループする」を披露。内田は「この曲はバンドを始めてすぐに作った曲で、正直こんなに長くバンドを続けるとは思ってなかった。今日この大勢の人の前で弾き語りでやるのが不思議だけどすごくうれしく思います」とはにかみながら語り、切ないメロディをシンプルなサウンドに乗せて歌い上げた。

弾き語りコーナーのあとには「銀河を駆けまわるイメージ」で作ったというスペーシーな新曲「GINGA GO(仮タイトル)」が演奏される。間奏では安西卓丸(B, Vo)がロボットダンスをし、曲の終わりでは石井竜太(G)が「センキューベリーマッチ!」と発言するなど、いつもとはひと味違うパフォーマンスに会場からはどよめきが起きた。

終盤のMCで内田は「ふくろうずはすごいダメな奴らの集まりなんですけど、でも最近そんな自分も受け入れて楽しめたらと思えるようになってきました。それはやっぱり今日ここに来てくれてる人たちのおかげなのかなとか。あんまりそういうふうに考える人間じゃなかったんだけど、素直に思えるようになってきました。大人になったのかな。今日は本当にありがとう」と集まったファンに感謝の気持ちを伝える。そして「ふくろうずをこれからもずっと……見つめてほしい!」という叫びに続いて、本編の最後に「テレフォン No.1」のラストナンバー「見つめてほしい」が演奏された。

アンコールで再びステージに戻ったふくろうず。内田は会場を見渡し「ここから見るとボーダーの人がちらほらいらっしゃるんですけど、私たち今日に限ってボーダーじゃなくて水玉でごめんなさい」と笑いを誘い、疾走感あふれる新曲「マーヴェラス(仮タイトル)」を披露。さらに「砂漠の流刑地」「街はいつも雨のよう」を届けてツアーは大団円を迎えた。

ふくろうず「ふくろうずの内弁慶ツアー~パピプペピンポイントNo.1 ver~」
2013年9月21日 LIQUIDROOM ebisu セットリスト

01. テレフォン No.1
02. カシオペア
03. パニック!パニック!パニック!
04. S・O・S・O・S
05. 春の惑星
06. 通り雨
07. サタデーナイト
08. ループする(弾き語り)
09. GINGA GO(仮タイトル・新曲)
10. グッドナイトイズカミング
11. トゥーファー
12. だめな人
13. GOOD MORNING SONG
14. 見つめてほしい
<アンコール>
15. マーヴェラス(仮タイトル・新曲)
16. 砂漠の流刑地
17. 街はいつも雨のよう

音楽ナタリーをフォロー