音楽ナタリー

17回目のフジロック、雨にも負けず前夜祭含め11万人動員

422

7月26日から28日にかけて、新潟・苗場スキー場で恒例の夏フェス「FUJI ROCK FESTIVAL '13」が行われた。

通算17回目、苗場に会場を移してからは15回目となる今回のフジロック。3日間の来場者数は延べ10万1000人(1日目3万人、2日目4万人、3日目3万1000人)、前夜祭を含めると11万1000人もの動員を記録した。

昨年は3日間とも快晴だったものの、今年は午前中は晴れ間を見せつつも午後から雲行きが怪しくなり、夕方から夜にかけて強い雨が振る“フジロックらしい”3日間となった。今回のレポートでは国内アーティストを中心に、今年のフジロックの様子を伝えていく。

■1日目:7月26日(金)

初日の7月26日、GREEN STAGEのトップバッターを務めたのは「ROUTE 17 Rock'n'Roll ORCHESTRA」と名付けられたスペシャルバンド。池畑潤二(Dr)、井上富雄(B)、松田文(G)を軸にした10数名からなるロックオーケストラをバックに、トータス松本、甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)、大江慎也、仲井戸“CHABO”麗市がそれぞれR&Bやロックンロールの名曲、「バンザイ~好きでよかった~」(ウルフルズ)、「ロージー」(THE ROOSTERS)などを披露して、フジロックの幕開けにふさわしい盛り上がりを見せた。その後もWHITE STAGEでアルカラ、RED MARQUEEでQUATTRO、FIELD OF HEAVENでSOIL & "PIMP" SESSIONS、ORANGE COURTでTURTLE ISLANDといった国内勢が、各ステージのオープニングを飾った。

もちろん海外勢も各ステージで熱いパフォーマンスを展開。CJラモーンはRAMONESの名曲を連発し、YELLOWCARDはキャッチーなナンバーを次々に繰り出していった。そしてMY BLOODY VALENTINEが「You Made Me Realize」でいつもよりも短いノイズサウンドを聞かせ終わる頃には、苗場に大粒の雨が降り始めた。この雨は夜遅くまで降り続いたが、BRAHMANがGREEN STAGEに登場した頃には一度止むというサプライズも。BRAHMANは最新アルバム「超克」からの楽曲を軸に、エモーショナルなステージを展開した。ライブ終盤にはTOSHI-LOW(Vo)がモッシュピットに飛び込み、観客の頭上をどんどん進んでいく。MCでは忌野清志郎とのエピソードを明かし、「今日もたくさんのことをこのステージで教わりました」と言って「霹靂」を歌い上げた。

BRAHMANの感動的なステージが終わると、再び強い雨が降り始める。ヘッドライナーの時間が近付くにつれ、稲光が会場を一瞬だけ明るくし、続いて雷の音が大きく鳴り響く中、シンプルなステージ上にマイクなどが用意され、続いておもむろにトレント・レズナーが登場。GREEN STAGEの初日ヘッドライナー、NINE INCH NAILSのライブはこうして唐突にスタートした。9月にリリースされるニューアルバム「ヘジテイション・マークス」収録曲から始まったNINのステージは、「March Of The Pigs」「Terrible Lie」「Closer」「Gave Up」など初期の楽曲を要所要所に挿みつつ進行。トレントはときにバンド編成で、ときに打ち込みを軸にした編成で独自の世界を作り上げていった。そして「The Hand That Feeds」「Head Like A Hole」で盛り上がった後に、ライブは「Hurt」でしっとりと終了。4年ぶりに再始動したNINの初ステージは悪天候をものともせず、大成功のうちに幕を閉じた。

またこの日はWHITE STAGEでスクリレックスが派手なステージセットを用いて、ヘッドライナーにふさわしいDJプレイを披露。FIELD OF HEAVENではCharがスペシャルゲストを多数迎えて2時間にわたるステージを繰り広げた。そして23:00からは恒例の「オールナイトフジ」がORANGE COURTで実施され、翌朝6:00まで濃厚なダンスパーティが展開された。

■2日目:7月27日(土)

前夜の雨が嘘のように晴れ渡ったフジロック2日目、GREEN STAGEのオープニングを飾ったのはTHE BAWDIESだ。2007年のROOKIE A GO-GO出演を皮切りに、2010年にWHITE STAGE、そして3度目の出演となった今回はついにGREEN STAGE進出を成し遂げた彼らは、若干緊張した表情を見せつつも豪快なロックンロールナンバーを次々に繰り出していった。MCではROY(Vo, B)が「ROOKIEに出たとき、いつかゲートをくぐって中で演奏したいと思っていた」と語り、当時も演奏した「I BEG YOU」を大舞台で演奏。その後もヒットシングルを連発し、前のめりなパフォーマンスでトップバッターの役目を遂行した。

この日は3日間のうちもっとも動員が多かったこともあり、どのステージにも大勢の観客が足を運んだ。FIELD OF HEAVENに登場したSKINNY LISTERは前夜祭でも最高のステージを披露したこともあり、この日もライブでも大きな盛り上がりをみせた。またWHITE STAGEではCOHEED AND CAMBRIA、KILLSWITCH ENGAGEといったUSへヴィロック勢、THE CHERRY COKE$、NAMBA69などの国産パンクバンドが怒濤のステージを展開。NAMBA69のライブ中から大粒の雨が強く降り出したが、難波章浩(Vo, B)はそんな天気をものともせずエネルギッシュなパンクナンバーを連発した。

奥田民生、FOALSのライブを経て、カール・ハイドがパフォーマンスする頃には雨も上がり、いよいよGREEN STAGE 2日目のヘッドライナーであるビョークのライブがスタート。10数名におよぶ聖歌隊、ドラマーとプログラマーを従えたステージはある種の神聖な空気を醸し出しており、ブルーとオレンジを基調とした衣装を身にまとったビョークは「Cosmogony」「Hunter」といった楽曲を歌い上げていった。また「Thunderbolt」ではステージ上方から“テスラコイル”が降りてきて、曲にインパクトを与えた。ビョークは1曲終わるごとに、日本語で「ありがとう!」と観客に挨拶。ライブ後半では「Army Of Me」「Hyperballad」など懐かしい曲も飛び出し、人で埋め尽くされたGREEN STAGE前は大きな盛り上がりを見せた。アンコールの「Declare Independence」では「Higher! Highter!」のパートを観客とともに叫び、出演者と観客が一体になったところで約90分におよぶステージは終了。ビョークは観客に感謝の言葉を送り、ステージを降りた。

WHITE STAGEでは6年ぶりに復活したJURASSIC 5が中日のヘッドライナーを務めた。約1万人を収容することができる会場には、後方までびっしり人が埋まり彼らのフジロック初出演を歓迎した。グループに復帰したカット・ケミスト、そしてDJヌ・マークの2DJに、フロントを固める4MCという最強の布陣でライブは進行し、エンタテインメント色の強いステージングで大勢の観客を喜ばせた。

■3日目:7月28日(日)

この日も各ステージのトップバッターは日本勢が務め、朝からフジロック最終日を景気付けた。午後になるとGREEN STAGEにはウィルコ・ジョンソンが登場。末期のすい臓がんと診断されたことが報道され、その後の動向に注目が集まっていたが、この日のステージではそんなことを一切感じさせない鬼気迫るギタープレイで会場を沸かせた。

最終日も午前中から何度か小雨がぱらついたが、15:00を過ぎた頃からついに強い雨が降り始める。そんな中、WHITE STAGEでは気鋭のガールズバンドSAVAGESが硬質なアンサンブルで観客を魅了。GREEN STAGEには加藤登紀子&THEATRE BROOK-半世紀ロックが登場し、世代を超えたピースフルな歌声を響かせた。ジョン・レノンのカバー「Power to the People」を歌う頃には雨も上がり、加藤登紀子が「雨は上がりましたか? これもピープルパワーだね」と言って観客とともに喜びを噛みしめた。

夕方のRED MARQUEEにはINORAN(G / LUNA SEA)、TAKA HIROSES(B / FEEDER)らにより結成されたバンド、MUDDY APESが登場し、初のフジロックライブを堪能。QUEENS OF THE STONE AGE「Feel Good Hit Of The Summer」のカバーや、セクシーな女性ダンサーの登場もあり、初見の観客も大いに楽しませた。MAESON(Vo / 8otto)はときに力強く歌い、ときに横に置かれたパーカッションを叩きまくり、溢れ出す感情を表現。最後には客席にステージダイブしてライブを終了させた。

GREEN STAGEではVAMPIRE WEEKENDが、WHITE STAGEでは相対性理論やキャット・パワーが、ワン&オンリーなステージを繰り広げると、いよいよ各ステージともにヘッドライナー登場の時間に。WHITE STAGEではTHE XXがミニマムなサウンドで満員の観客を惹き付ける。そしてGREEN STAGEにはTHE CUREが6年ぶりにフジロックのステージに。前回と異なり、今回はロジャー・オドネル(Key)を含む5人編成でのライブで、バンドは往年の名曲を次から次へと、淡々と演奏していった。当初から2時間の演奏時間が予定されていたTHE CUREのライブだったが、23:30を過ぎても本編が終わる様子はなく、あと15分で日付が変わるというタイミングでライブ本編が終了。この時点で25曲以上演奏していたが、この後に始まったアンコールでもバンドは「Why Can't I Be You?」「Boys Don't Cry」など人気ナンバーを連発し、最終的に24:30近くになってロバート・スミス(Vo, G)はステージを降りた。

その後もRED MARQUEEやTHE PALACE OF WONDERでは朝5:00までライブやDJなどが続き、17回目のフジロックは大きなトラブルもなく閉幕した。

※特集記事へはこちらから!
ナタリー - [Power Push] FUJI ROCK FESTIVAL'13特集

音楽ナタリーをフォロー