音楽ナタリー

「ニコニコトランス」回収騒動の真相を社長が告白

写真は4月16日発売の「ウマウマできるトランスを作ってみた」。ジャケットイラストは前回のまま、タイトルロゴが差し替えられている。

写真は4月16日発売の「ウマウマできるトランスを作ってみた」。ジャケットイラストは前回のまま、タイトルロゴが差し替えられている。

リリース日に急遽発売中止となったアルバム「ニコニコできるトランスを作ってみた」が、「ウマウマできるトランスを作ってみた」とタイトルを変更して4月16日にリリースされることになった。

この作品は動画投稿サイトなどで人気の楽曲のカバーバージョンを中心としたコンピレーションで、PerfumeHALFBY、月島きらり starring 久住小春レミオロメンBase Ball Bear平井堅らの楽曲に加え、アニメやゲームの楽曲が多数収録されている。

また、今回のタイトル変更に伴い、新たにスウェーデンのアーティストCARAMELLの楽曲「CARAMELLDANSEN(Speedycake Remix)」、「オカマdeマプーカ」をはじめ、「恋のマイアヒ」「ガソリーナ」「母さんちょwwww」「もすかう」「男女」「POP STAR」「真赤な誓い」の9曲を追加。ちなみに、インターネットを中心に流行し「ウッーウッーウマウマ(゜∀゜)」の通称で知られる「CARAMELLDANSEN」は今回が日本盤初収録となる。

ナタリーでは、この「ニコニコできるトランスを作ってみた」の突然の回収や今後の展開について、発売元であるクエイクホールディングスの加藤和宏社長に事情を聞いた。

――「ニコニコできるトランスを作ってみた」を回収し、タイトルを変更した理由は何ですか。

このCDは「ニコニコ動画」さんの関連商品ではないのですが、ジャケットに「ニコニコ」という言葉が入っており、ユーザーの混乱を招くという指摘を受けたのが回収の理由です。回収後、対処方法を考えているタイミングで、弊社がライセンスを持つ「CARAMELLDANSEN」が「ウッーウッーウマウマ(゜∀゜)」という通称で話題になっていると社員から報告がありました。そこで急遽これを1曲目に収録し、「ウマウマできるトランスを作ってみた」と改題してリリースすることになりました。

――今後予定している「ウッーウッーウマウマ(゜∀゜)」のプロモーション展開について教えてください。

この曲は「ニコニコ動画」さんを起点にユーザー発で盛り上がった曲ですし、この曲にあわせてダンスした映像などを録画して動画共有サイトにアップロードすることは問題ありません。この件についてはすでに権利元と合意していますので、みなさんでどんどん遊んでいただきたいと思います。3月29日からは「ドワンゴ」さんで着うた&着うたフルの独占先行配信がスタートしますし、5月にシングル、6月にはアルバムの発売も予定しています。レコード会社から押し付ける形ではなく、自然な盛り上がり方をしてくれればよいなと思います。

――最後にユーザーに向けてメッセージをお願いします。

このたびは弊社を応援してくださるみなさんにご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんでした。今後ともよろしくお願いいたします。

音楽ナタリーをフォロー