音楽ナタリー

氣志團×グループ魂対決で「君にファンタを買ってあげる♥」

626

9月6日に、東京・Zepp Tokyoで氣志團の結成15周年およびメジャーデビュー10周年を記念した対バンライブシリーズ「極東ロックンロール・ハイスクール」第11弾「~超絶魂(ウルトラソウル)~ 氣志團 vs グループ魂」が行われた。

2002年11月に大阪・ベイサイドジェニーで行われたぴあ主催のイベント「I wanna be rock star」以来、実に8年10カ月ぶりに氣志團と魂が競演することになったこの日。先攻を務めたのはグループ魂で、電飾+角付きヘルメットで完全武装した港カヲル(46歳)が行う、飛ばし気味の前説と恒例のコール&レスポンス「おっぱい元気ー?」からライブはスタートした。

ステージ下手から石鹸(Dr)が登場すると、今年2月の日本武道館公演以来の東京でのライブだということを受け、カヲルが「お前また泣くのか!『泣かぬなら 泣かせてやろうか この野郎』!」と石鹸をいじり倒す。その間にメンバーが続々と姿を見せ、カヲルの「今宵は1時間パックでお送りします、グループ魂改め海賊戦隊ゴーカイジャー!」との宣言を挟み演奏されたのは「有名になりたい」だ。その後も「アイサツはハイセツよりタイセツ」などのライブの定番曲が続く。

また合間には、石鹸がボーカルをとる「男、腐りかけ」や、暴動(G)、破壊(Vo)、バイト君(大道具)の与太話からなだれ込む「1!2!3!4!」といったショートコントを連発。曲間をほとんど取らないパンキッシュなステージで、会場中を惹きつけていく。さらにカヲルはワンマンライブと同様に次々と衣装をお召しかえ。「High School」のミニスカ女子高生や、股間に金色のボールがぶらさがった黄色いノースリーブのトラックスーツなど、計5パターンの衣装でライブに華を添えた。

マイケル・ジャクソンばりの破壊のボーカルが観客の爆笑を呼ぶ「職務質問」、下品なコール&レスポンスが恒例となっている「くん兄さんVSアン姉さん」、東日本大震災後の今だからこそ心に響く「東北の魂」などのアッパーな楽曲を経て、バンドはまさかのロングコントを披露。先の全国ツアーでも人気を博した「ストイックマン」が登場し、魂ファン&KISSESの双方を驚かせた。なおこの日は、ツアーと同じく遅刻(G)がストイックマンの餌食となり、右、右、左と計3回もビンタを喰らう結果に。サングラスが吹っ飛ぶほどの本気の張り手によろめきつつも苦笑していた遅刻に、会場からは悲鳴混じりの喝采が飛んでいた。

そして、「パンチラ・オブ・ジョイトイ」「アイブラユー」などが立て続けに演奏され、フロアから大合唱が響く。「ペニスJAPAN」ではもちろん、男女入り乱れて「ペニスJAPAN!」のコールが飛び交った。さらにバンドが袖に下がった後には、人気コント「中村屋」まで実施。破壊扮する9代目中村屋華左衛門が音頭をとる三三七拍子で、グループ魂が展開した怒濤のステージは幕を閉じた。

転換を経て、おなじみのオープニングSE「BE MY BABY」(COMPLEX)に乗って登場した氣志團は、序盤からアクセル全開に。「ゴッド・スピード・ユー!」では早乙女光(Dance & Scream)のスクリームが冴え渡り、「キラキラ!」では白鳥松竹梅(B)がステージ前方まで躍りでてベースを奏でる。

この日は魂のタイトな進行と息を合わせたかのように、MCが少なめだった氣志團。それでもパンチの効いたトークは健在で、綾小路翔(Vo)は魂の楽曲を引き合いに出して「さっきまでペニスペニスって言ってたじゃねえかよ!(笑)」「くん兄くん兄って言ってたの見てたぜ!(笑)」と観客に迫り、上品とは言いがたいコールを要求する。またメンバー紹介では、白鳥雪之丞(Dr)とマツが魂の「男、腐りかけ」の替え歌を歌い、星グランマニエ(G)が布袋寅泰の「BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY」を弾き、團長は氣志團仕様の黒いスリッパを投げたり「竹内力」の替え歌を歌ったりするなど、サービス精神旺盛なパフォーマンスをみせた。

ギグの後半では、フォービートのイントロからスタートする「高校与太郎組曲」や、ランマがメインボーカルを務めた「サイバーシティ」など、幅広い選曲でオーディエンスを魅了する。そして微熱DANJIの3人がステージに登場してからは、「俺達には土曜日しかない」「愛してナイト!」といったライブで盛り上がる楽曲を投下。会場中がステージのメンバーと同じ振り付けで歌い踊り、一体感が増していく。さらに「One Night Carnival」では、観客に向けて一緒に歌うよう半ば強制し、歌わない魂ファンがいる場合は「遅刻 a.k.a. 富澤タクさんの家のポストにすごく弱った鳩を2羽入れます」と脅しをかける團長。その甲斐あってか、満員のオーディエンスが一体となって美しい合唱が奏でられた。

アンコールでは、安齋肇がイラストを手がけた氣志團×グループ魂コラボTシャツに身を包んで登場した氣志團。團長が約9年前の対バンについて「あの頃の俺たちはちょっと調子に乗ってたけど、グループ魂との対バンでは一発で鼻を叩き折られた」「ホントのエンタテインメントだなと思った」と思い出を吐露すると、当時を懐かしむようなしっとりとした空気が会場に漂う。それを吹き飛ばすように、対バン相手のメンバーである暴動こと宮藤官九郎が脚本を手がけたドラマ「木更津キャッツアイ」撮影時のエピソードが明かされ、続けて「せっかくなんで一緒に演りたいと思います!」とグループ魂のメンバー全員を呼び込んだ。

すると、カヲルはステージに登場するなり「弁当が叙々苑の焼肉弁当だったのね、ホントありがとうございました」と土下座してお礼を述べ、フロアの爆笑を呼ぶ。團長は「あと5つぐらいあるんで、よかったら持って帰ってください!」とこちらも土下座しながら返礼。そして氣志團の演奏による「君にジュースを買ってあげる♥」の演奏が始まった。最初は破壊が、2番からは團長がメインボーカルを担当し、お祭りムードを最高潮まで盛り上げる。さらにブレイクで挟まれるセリフ部分では、破壊がフロアに“買ってほしいジュース”を質問すると、空気を読んだ観客から「ファンタ!」と絶妙な答えが返る。これに團長が「ファンタなら買ってあげ、ら、れる?」と口にすると、袖からスタッフがかごを持って小走りに登場した。そのかごの中にはもちろん大量のファンタが。團長がCMに登場している関係で差し入れとして届けられたものだ。

大量のファンタを見て、会場中の人がきゃあきゃあと笑いまじりの歓声を上げる傍ら、ステージではカヲルが早速1本飲み干そうとする。それに対し破壊は「お前ふた開けんなって言われてたろ!」と注意を飛ばしつつ、「ファンタ欲しい人!」と観客に向き直る。元気よく返事をするオーディエンスに、ケンカしないよう、また受け取るときにミスをしないよう諭す破壊。「このファンタで怪我すると翔やんに迷惑がかかるからね?」と満面の笑みをたたえつつ、ファンタをフロアに投げ込んだ。それに続き、氣志團&魂のメンバーがこぞってファンタを投げ入れる奇妙な事態に。最終的に数十本のファンタをプレゼントする珍事となった。

そしてアンコール2曲目として「木更津キャッツアイのテーマ」を演奏した後には、團長が「三宅さんのバク転で(締めましょう)!」と無茶ぶり。しかし石鹸はそれに見事応えてきれいなバク宙を決め、笑いに次ぐ笑いが起こった3時間半のライブを締めくくった。

「極東ロックンロール・ハイスクール」の次回公演は今週末9月9日に、東京・SHIBUYA-AXにて開催。筋肉少女帯をゲストに迎え、対バンを繰り広げる。またその後のスケジュールは以下のとおり。気になる対バンがある人は、忘れずチケット争奪戦に参加しておこう。

氣志團 Presents 極東ロックンロール・ハイスクール

~氣志團パノラマ島へ行く~ 氣志團 vs 筋肉少女帯
2011年9月9日(金)東京都 SHIBUYA-AX
OPEN 18:00 / START 19:00

~ENTER THE DRAGON~ 氣志團 vs Dragon Ash
2011年9月13日(火)東京都 SHIBUYA-AX
OPEN 18:00 / START 19:00

~100%男女交際!!~ 氣志團 vs 恵比寿マスカッツ
2011年9月15日(木)東京都 SHIBUYA-AX
OPEN 18:00 / START 19:00

~ドキッ! 丸ごとバナナ 男だらけの吹奏大会~ 氣志團 vs 東京スカパラダイスオーケストラ
2011年9月18日(日)東京都 Zepp Tokyo
OPEN 17:00 / START 18:00

~怖そうで怖くない少し怖いライブ~ 氣志團 vs 怒髪天
2011年9月26日(月)東京都 SHIBUYA-AX
OPEN 18:00 / START 19:00

~トイスで会おうぜ!~ 氣志團 vs POLYSICS
2011年10月4日(火)東京都 LIQUIDROOM ebisu
OPEN 18:00 / START 19:00
一般発売日:2011年9月17日(土)

~ももクロちゃんに逢えちゃうよぉ~ウレPギャ~ス!!~ 氣志團 vs ももいろクローバーZ
2011年10月11日(火)東京都 SHIBUYA-AX
OPEN 18:00 / START 19:00
一般発売日:2011年9月24日(土)

~魁!!クロマニヨン高校~ 氣志團 vs ザ・クロマニヨンズ
2011年10月25日(火)東京都 SHIBUYA-AX
OPEN 18:00 / START 19:00
一般発売日:2011年10月1日(土)

~夢一夜(ワンナイト・ドリーム・カーニバル)~ 氣志團 vs 森重樹一
2011年11月6日(日)東京都 LIQUIDROOM ebisu
OPEN 18:00 / START 19:00
一般発売日:2011年10月8日(土)

~枕連(マクラーレン)~ 氣志團 vs the pillows
2011年11月8日(火)東京都 Shibuya O-EAST
OPEN 18:00 / START 19:00
一般発売日:2011年10月15日(土)

~3年B組金爆先生~ 氣志團 vs ゴールデンボンバー
2011年11月10日(木)東京都 Zepp Tokyo
OPEN 18:00 / START 19:00
一般発売日:2011年10月22日(土)

~サーチアンドデスとロイとグローリアとアレとソレとコレと恋しさとせつなさと心強さと部屋とYシャツと私~ 氣志團 vs The Mirraz
2011年11月16日(水)東京都 SHIBUYA O-EAST
OPEN 18:00 / START 19:00
一般発売日:2011年10月22日(土)

~10 PUNKS~ 氣志團 vs THE MODS
2011年11月21日(月)東京都 SHIBUYA-AX
OPEN 18:00 / START 19:00
一般発売日:2011年10月29日(土)
オフィシャルサイト先行抽選予約受付:2011年9月15日(木)21:00~21日(水)23:00

~呼ばれて 飛び出て ジェジェジェジェイ!!~ 氣志團 vs J
2011年11月24日(木)東京都 SHIBUYA-AX
OPEN 18:00 / START 19:00
一般発売日:2011年11月5日(土)
オフィシャルサイト先行抽選予約受付:2011年9月15日(木)21:00~21日(水)23:00

~さよならは11月のララバイ~ 氣志團 vs 吉川晃司
2011年11月29日(火)東京都 SHIBUYA-AX
OPEN 18:00 / START 19:00
一般発売日:2011年11月12日(土)
オフィシャルサイト先行抽選予約受付:2011年9月15日(木)21:00~21日(水)23:00

~三人の若者と六人のおじさんのすべて~ 氣志團 vs フジファブリック
2011年12月13日(火)東京都 SHIBUYA-AX
OPEN 18:00 / START 19:00
一般発売日:2011年11月26日(土)
オフィシャルサイト先行抽選予約受付:2011年9月15日(木)21:00~21日(水)23:00

~おれがあいつであいつがおれで~ 氣志團 vs DJ OZMA
2011年12月21日(水)東京都 Zepp Tokyo

音楽ナタリーをフォロー