音楽ナタリー

でんぱ組.inc夢眠ねむ「神神」イベント初優勝に手が届くも食欲の秋に2度散る

968

逆転負けを確信して床に倒れこむ夢眠ねむ。

逆転負けを確信して床に倒れこむ夢眠ねむ。

でんぱ組.incによるテレ朝動画とBS朝日の番組「でんぱの神神」のDVDボックス第9弾「でんぱの神神 DVD 神 BOX ビリナイン」の発売記念イベントが、昨日10月15日に東京都内で行われた。

「でんぱの神神」DVDボックス発売時の恒例行事となっている、でんぱ組.incのシークレット“神”イベント。今回は「“PAKU☆ットしちゃうぜ秋だしね”食欲の秋ゲーム対決」と銘打ち、秋の味覚にちなんだゲームが繰り広げられた。シークレット“神”イベントでは過去さまざまなゲームで順位を競ってきたメンバーだが、古川未鈴と夢眠ねむの2人は優勝経験なし。来場者は応援するメンバーを1人決め、優勝者を応援していた人にイベント後の「オリジナル特典お渡し会」で景品がプレゼントされるが、中には景品がもらえる確率を優先して推しメンバー以外にベットする来場者もちらほら。古川と夢眠は自分を推してくれるファンの期待に応えるべく闘志を燃やした。

メンバーがチャレンジした対決は「答えられなきゃマズイよね!食べ物常識クイズ対決」「ひと狩り行こうぜ秋だしね!キノコハント対決」「マチャアキしようぜ!秋だけに!テーブルクロス引き対決」の3種。食べ物常識クイズ対決では慣用句の穴埋め、ジェスチャー、利きラーメンを行い、3問共に正解した相沢梨紗が一歩リードした。続くキノコハント対決は、会場内のあちこちに貼られたキノコのパネルをメンバーが探しだし、合計得点を競うというもの。しかしパネルの中には点数がマイナスされる毒キノコや高得点の高級キノコも含まれており、場合によっては大きく減点されることも。5人は会場内を駆け回り、ファンの意見も交えながら慎重にキノコをハントしていく。タイムリミットぎりぎりで毒キノコ2つを手放した相沢が得点を重ねてほかのメンバーを引き離したかに思われたが、夢眠はここで高得点のトリュフをゲット。一気に1位へと踊り出て最後のテーブルクロス引き対決へとコマを進めた。

テーブルクロス引き対決は、形状の異なる食器が乗った5つのテーブルが用意され、テーブルクロス引きに成功すると食器の裏に隠された得点が加算されるシステム。最低得点で挑んだ古川はテーブルクロス引きに失敗してしまい、合計10点のまま勝負を終えた。2位だった成瀬瑛美も失敗により合計70点で終了し、成功した藤咲彩音は100点が加算されて115点に。常識クイズとキノコハント対決で手堅く点数を重ねながらも40点止まりだった相沢は、ここで一気に200点を獲得して1位に躍り出る。初優勝を射程圏内に収めていた夢眠がゆっくりと食器を裏返すと、そこには「-100」の文字が。まさかの逆転劇に、夢眠はがっくりと肩を落とした。

夢眠と古川がリベンジに燃えた第2部は、「○○を半分○した○○を“半殺し”と呼ぶ」という穴埋め問題からスタートし、5人は1問目から苦戦を強いられた。続く「“つるはしやっこ”を描きなさい」というイラスト問題も誰一人正解が導き出せないままに終わったが、利きコーラで正解を出した古川と藤咲がリードしてキノコハント対決へ。ここで夢眠が1部に続いて活躍を見せ、白トリュフなどをゲットして再び1位でテーブルクロス引き対決に挑むこととなった。夢眠は1部とまったく同じ展開に若干不安な表情を見せながら一気にクロスを引いたが、食器は虚しく床へ落下。結局ここで300点を加えた成瀬の逆転優勝という結末を迎え、夢眠と古川の初白星は次回以降へ持ち越しとなった。

テレ朝動画「でんぱの神神」は毎週金曜更新で、10月13日より配信されている最新回#279は3週続いた「秋のUSJ満喫ツアー」完結編。でんぱ組.incが大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンのさまざまなアトラクションを体験する内容となっており、昨日のイベントではその見どころが紹介された。相沢曰く「幼児退行するねむ」が楽しめる夢眠の絶叫シーンをお見逃しなく。なお次回#280では藤咲が挑んだベルリンマラソンの様子が紹介される。またでんぱ組.incは12月30日、大阪・大阪城ホールにて単独公演「JOYSOUND presents ねぇもう一回きいて?宇宙を救うのはやっぱり、でんぱ組.inc!」を行う。

JOYSOUND presents
ねぇもう一回きいて?宇宙を救うのはやっぱり、でんぱ組.inc!

2017年12月30日(土)大阪府 大阪城ホール

音楽ナタリーをフォロー