音楽ナタリー

バンもん!と2000人のファンが代々木公園で熱唱「この曲はあなたの曲です!」

523

歴代の衣装を着て登場したバンドじゃないもん!(撮影:笹森健一)

歴代の衣装を着て登場したバンドじゃないもん!(撮影:笹森健一)

バンドじゃないもん!が昨日10月11日に東京・代々木公園野外ステージでフリーライブ「バンもん!5周年だョ!全員集合~ご新規さんいらっしゃい!~」を開催した。

このライブは、バンもん!が1度目のメジャーデビューをした2012年10月から5周年を迎えたことを記念したシングル「Q.人生それでいいのかい?」の発売日に合わせて行われたもの。グループ初の野外ワンマンということもあり、会場には約2000人のもんスター(バンドじゃないもん!ファンの呼称)が集まった。

メンバーはこの日、6人それぞれが活動初期からの歴代の衣装を着てステージに登場。「青春カラダダダッシュ!」「君の笑顔で世界がやばい」とアッパーチューンを連発し、序盤から代々木公園は大きな盛り上がりを見せた。無料ライブとは思えないほどの派手な照明を浴びながら、メンバーはステージ狭しと動き回り、楽しそうに伸び伸びとパフォーマンスを展開。6人の歌声と、彼女たちに向けられる力強い声援が夜空に溶けていく。

ライブが後半に差し掛かると、バンもん!の5年間の歴史の原点と言える最初期曲「ショコラ・ラブ」がスタート。この日が32歳の誕生日であるリーダー・鈴姫みさこを祝し、ファンがみさこの担当カラーであるピンクのサイリウムを灯す。ここで「ショコラ・ラブ」「ピンヒール」と切ないミドルチューンを続けたのち、彼女たちは“再メジャーデビュー”シングルである「キメマスター!」を熱唱。オーディエンスのコールは一段とボリュームが上がり、会場は興奮で満たされた。

そして本編最後に、みさこの「この曲はバンもん!の曲ではありません。あなたの曲です!」という叫び声を合図に、同日リリースされたシングル「Q.人生それでいいのかい?」をライブ初披露。メンバーはハードなロックサウンドに乗せて、それぞれのパーソナルな部分を吐き出すような歌詞をエモーショナルに歌い上げる。そしてサビではオーディエンスと盛大なコール&レスポンスが発生。曲が終わるとステージに向けて大歓声が贈られた。

アンコールを求める声が夜空に響き、再度メンバーがステージに登場。ここで彼女たちは、約2年ぶりとなるメンバーのソロ曲を収録したミニアルバムが12月13日にリリースされることを発表し、会場は湧き上がった。そして彼女たちは最後に、現在の6名体制となって初めて制作された楽曲「ツナガル!カナデル!MUSIC」を披露。イントロの時点でオーディエンスの合唱が沸き起こり、メンバーも観客もラストスパートをかけた。そしてカラフルなサイリウムが客席で左右に揺れる中、約1時間10曲のフリーライブは終幕した。

「バンもん!5周年だョ!全員集合~ご新規さんいらっしゃい!~」2017年10月11日 代々木公園野外ステージ セットリスト

01. 青春カラダダダッシュ!
02. 君の笑顔で世界がやばい
03. 君はヒーロー
04. しゅっとこどっこい
05. METAMORISER(Piano intro ver.)
06. ショコラ・ラブ
07. ピンヒール
08. キメマスター!
09. Q.人生それでいいのかい?
<アンコール>
10. ツナガル!カナデル!MUSIC

音楽ナタリーをフォロー