音楽ナタリー

焚吐とみやかわくん、同い年の2人で作り上げた「神風エクスプレス」

748

焚吐とみやかわくん。(撮影:達川範一)

焚吐とみやかわくん。(撮影:達川範一)

9月20日に東京・WWW Xで焚吐とみやかわくんのツーマンライブ「神風エクスプレス」が開催された。

2人がセレクトしたBGMが会場に流れる中、開演時刻になるとバンドメンバーと共に焚吐、みやかわくんがステージに登場。「ようこそ!神風エクスプレスへ」と来場者たちを歓迎し、まずは焚吐のオリジナル曲「子捨て山」をコラボ形式で披露した。

この楽曲を2人で歌唱パートを分けて歌唱し終えると、そのままみやかわくんのソロコーナーへ。彼が「シャルル」を歌い終えると、フロアからは「みや!」というコールが幾度も飛び交った。みやかわくんは自身のトレードマークである絆創膏を付けたファンの多さに戸惑いながらも、観客とのトークを楽しんでアットホームな雰囲気を生み出した。「キミノヨゾラ哨戒班」披露後には、焚吐と初めて会った際の出来事を回想。「普段とても声が小さくて、喧騒の中だと会話がまったく聞き取れなかった」と語ってモノマネを行い、2人の仲のよさが垣間見えるトークとなった。その後「どうしてもライブで歌いたい」と打ち明けた「アイネクライネ」では、フロアがペンライトの光に包まれるひと幕も。自身の新しいスタートのきっかけになったという「君に届け」では、焚吐から受け取った“聖なるギター”を手にしてパフォーマンスを行った。

みやかわくんのソロコーナーが終わり、続いては焚吐の出番に。準備を進める焚吐の姿を見たみやかわくんは「さっきのモノマネで気を悪くしてないか」と心配するが、焚吐はぶっきらぼうな様子で「はじめまして」と挨拶し、観客の笑いを誘った。焚吐は序盤に「オールカテゴライズ」「僕は君のアジテーターじゃない」といったアップテンポなナンバーを披露し、ファンのボルテージをどんどん上げていく。みやかわくんが焚吐を知るきっかけとなった楽曲「夢負い人」を挟み、MCでは初めてライブハウスに来たファンを気遣い、ライブの楽しみ方を享受する場面もあった。

「君がいいんです」でソロコーナーを終えた焚吐は、再びみやかわくんをステージに呼び込み、イベントタイトル「神風エクスプレス」の由来を紹介。ライブで演奏する曲はアップテンポなナンバーが多く、疾走感のあるものにしたいと考えてこのタイトルが浮かんだと明かした。新曲「グッバイ・サムシング」を一緒に歌ったあとには、ツーマンライブ開催までの経緯をみやかわくんが説明。TwitterのDMでお互いの交流がスタートしたと明かすと、焚吐は「最初はなんて呼んでいいかわからず、よそよそしく『みやかわさん』と言ってた」と当時のエピソードを振り返った。本編最後に演奏されたのは、みやかわくんも作曲に参加したという新曲「神風エクスプレス」。疾走感あふれるサウンドが展開され、初めて聴く観客も手を上げて楽曲を聴き入っていた。

アンコールのトークコーナーでは、みやかわくんが焚吐にプレゼントを渡したりと和やかな雰囲気で進んだ。ライブ終了が名残惜しそうな様子を見せた焚吐は、最後に「同い年で作り上げる大切なライブになった」と今回の公演の感想を語る。そして焚吐とみやかわくんは「アイロニ」を最後に歌い、ツーマンを締めくくった。

なお焚吐とみやかわくんは、このツーマンライブで披露された新曲「グッバイ・サムシング」「神風エクスプレス」を収めたシングル(タイトル未定)を2018年2月にリリースする。詳細は追ってアナウンスされるので、続報をお楽しみに。

「神風エクスプレス」
2017年9月20日 WWW X セットリスト

焚吐×みやかわくん(1回目)

01. 子捨て山

みやかわくん

01. シャルル
02. キミノヨゾラ哨戒班
03. ロストワンの号哭
04. アンチビート
05. アイネクライネ
06. 君に届け

焚吐

01. オールカテゴライズ
02. 僕は君のアジテーターじゃない
03. 黒いキャンバス
04. 夢負い人
05. グリンプス・グランパ
06. 君がいいんです

焚吐×みやかわくん(2回目)

01. グッバイ・サムシング
02. 神風エクスプレス
<アンコール>
03. アイロニ

音楽ナタリーをフォロー