音楽ナタリー

杉本と声重ねた「Shine」、ユースケのWEAVER愛実った“超特急フェス”初日

3721

超特急が本日8月28日に東京・チームスマイル・豊洲PITにてライブイベント「HMV presents BULLET TRAIN 5th Anniversary Special『超フェス』」の1日目公演を開催した。

「超フェス」は、豊洲PITを舞台に超特急がさまざまなジャンルのアーティストやタレントを迎えて5日間連続で行う対バン形式のライブイベント。初日のこの日は「超バンドフェス」と題してゲストにWEAVERを迎え、来場したオーディエンスを楽しませた。

初日公演は超特急のキラーチューン「バッタマン」で幕開け。メンバーはイメージカラーのシャツにデニムパンツというカジュアルスタイルで登場すると冒頭からフルスロットルのダンスを踊り、会場の熱を引き上げていく。この曲のセンターを取るユースケは、WEAVERの大ファン。彼は開口一番「WEAVERーー!!」と絶叫すると、センターポジションに立つたびに「奥野さん! 通称おっくん!」「河邉さん! 通称べーちゃん!」「杉本さん! 通称杉くんーー!!」と叫んで会場中の観客にバンドのプロフィールを紹介する。またメンバーはキメのタイミングで事あるごとに両手ピースの“Wポーズ”を決めるというこの日ならではのパフォーマンスで観客を楽しませた。

この曲を終えると7人はさっそくWEAVERの3人をステージに呼び込む。リョウガがユースケの“WEAVER愛”を3人に伝えると、杉本雄治(Vo, Piano)は「本当にユースケくんのお陰で出演できたようなものです。ユースケくんの元気が見たいな!」とコメント。これにユースケは「今日は超特急メンバーとしてここに立ってるのかファンとして立ってるのか、複雑です!」とはにかみ、カイに「私情挟みまくってる!」とツッコまれていた。

WEAVERを見送った超特急は最新曲「My Buddy」など3曲をパフォーマンス。リョウガの「体、温まりましたかね? このあとは素晴らしい歌声と演奏に酔いしれてください!」という呼びかけでWEAVERへとバトンをつないだ。改めて登場したWEAVERはコーラスワークの美しい「S.O.S.」を1曲目に披露する。杉本が激情的な歌声とキーボードソロで切ない恋心を表現する「Hard to say I love you ~言い出せなくて~」を届けると、最初のMCへ。杉本はダンスボーカルグループの主催イベントに招かれたのは初めてだと明かし「どんな空気になるか緊張したけれど、皆さん優しい!」と観客に感謝を伝えた。ライブ前には超特急メンバーと交流したといい、彼は「みんな顔ちっちゃいしなんかいい匂いするし……僕らの勝てる取り柄と言えば、ベースのおっくんがちょっと小藪(一豊)に似てるくらい」と言って笑いを誘う。また河邉徹(Dr, Cho)はガリガリ担当のリョウガと“ガリガリ対決”をして体重の軽さで勝利したことを明かし、「今日から僕がガリガリ担当になるので、よろしく!」と高らかに宣言した。

観客を和ませたMCを経てプレイされたバラードナンバー「こっちを向いてよ」では、杉本の「自由に楽しんでほしい」という言葉を受け取った8号車(超特急ファンの総称)がペンライトを光らせて会場を彩る。そして、続く「Shine」ではゲストボーカルとしてユースケがサプライズ登場。普段のライブではめったに歌声を披露することのない彼だが、この日は奥野翔太(B)、河邉とWEAVERメンバーのもとへ順に歩みを進めながら、まっすぐ素直な歌声を響かせた。ユースケが杉本と向かい合うとまぶしい光がステージを照らし、2人はお互いの目を見つめながら優しく声を重ね合わせる。ユースケの思いがWEAVERに届いたひと時に、会場は大歓声に包まれていた。

3人が力強いアンサンブルを奏でた「くちづけDiamond」で盛り上がりに拍車をかけると、杉本は「最高の時間でした! また皆さんと最高の音楽で盛り上がっていけたら!」と呼びかけてラストナンバーの「 だから僕は僕を手放す」へ。彼らはアグレッシブなプレイでフロアを圧倒し、「『超フェス』楽しんでいってください!」とステージをあとにした。

超特急は「DJ Dominator」で後半のアクトをスタートさせると、ここで最新シングル「My Buddy」のカップリング曲「UNKNOWN...」を初披露する。コーイチとタカシが悲恋のストーリーをしっとりと歌いあげると、ダンサーの5人はスタイリッシュなダンスに側転やバック転といったアクロバティックな動きを織り交ぜた緩急のあるパフォーマンスで8号車を魅了した。「Drive on week」ではユーキがダンス指導で会場をひとつにまとめあげ、7人は本編ラストの「fanfare」までを一気に駆け抜けた。

アンコールでも、超特急はこの日が初披露となるナンバー「浮つきWAVES」をドロップ。7人は手に持ったタオルで波の動きを表現したり、サビでは思いっきり振り回したりしながら勢いよくステージを駆け回り、初めてのパフォーマンスとは思えない盛り上がりを作り出す。リョウガはこの曲が超特急初の“タオル曲”であることを説明し「超特急みんなでね、もちろん皆さんもですよ?『浮ついてまあーす』みたいな感じで楽しんでいけたらな、と思います!」と呼びかけた。

そして、7人はもう一度WEAVERの3人をステージに招き入れる。杉本はユースケとのコラボに触れて「バッチリだったんじゃない?」と笑顔。これにユースケは「実は家ですごい練習したんです」と返し、「歌ってたら妹が『ヘタクソか! ユースケは声が高いんだから、もっと落として。語りかけるように!』って指導されて!(笑)」と照れ笑いする。リョウガは追い打ちをかけるように「この人リハでね、緊張とうれしさで“木”みたいになってた」と明かし、ユースケとリョウガの言葉を聞いた杉本は「完璧だったよ。歌ってくれてありがとう」とユースケに語りかけた。

ここで杉本は「超特急の曲を練習してきました!」と言ってオーディエンスの大歓声を誘う。彼は「超特急 feat. WEAVERで、『HOPE STEP JUMP』!」とタイトルコールをして、「HOPE STEP JUMP」のイントロを奏でた。コーイチは奥野と、タカシは河邉と歌声を重ね、ダンサーはWEAVERメンバーのすぐそばで彼らを盛り立てる。ユースケは奥野の隣へ駆け寄ると、ベーススタンドをギター代わりに激しい“ギタープレイ”を披露していた。大盛り上がりとなった「超バンドフェス」の最後を飾ったのは、WEAVERの演奏による「Burn!」。この曲のセンターを務めるユースケは「WEAVERって言って! 声出していくぞ!」と叫び、オーディエンスは大きな「WEAVER!」コールを何度もステージへ向けて飛ばす。マイクを取ってステージ前方に歩み出た杉本が大サビのパートを高らかに歌い上げるとキャノン砲でピンク色のテープが放たれ、この光景に杉本とユースケは顔を見合わせて笑顔を交わした。晴れやかなムードの中で超特急がWEAVERを見送ると、ユースケは「杉くーん、おっくーん、べーちゃーん、またね!」とステージ袖へ向けて何度も手を振り、どさくさに紛れて「いつか超特急に曲書いて!!」とリクエスト。メンバーから「おい!」とツッコまれながらも、彼は「最高の1日でした。今日は眠れない夜を過ごせそうです」と幸せに浸っていた。

音楽ナタリーをフォロー