音楽ナタリー

桐嶋ノドカが映画初主演、主題歌は小林武史×ryo(supercell)迎えた新曲

186

桐嶋ノドカが2018年公開予定の映画「爪先の宇宙」の主題歌を担当することが決定した。

「爪先の宇宙」はマンガ・小説配信サービスcomicoで連載中の少女マンガを実写化した作品で、トラウマを抱えた1人の少女の成長が描かれる。楽曲は小林武史とryo(supercell)の2人がプロデュースを手がける新プロジェクトによるもの。桐嶋は今秋に本曲を収めたCDをリリースする。

さらに桐嶋はこの映画で主演を務め、演技に初挑戦する。彼女は今回の出演にあたって「歌だけをしてきた私にどんなことができるのか、この経験がどんなふうに歌に還っていくのか、未知なる世界に踏み出せることをうれしく、楽しみにしています」とコメントを寄せている。映画には、彼女と共にダブル主演を務める北村諒や、加村真美美沙玲奈らも出演する。

桐嶋ノドカ コメント

きっと誰もが持っている壊れやすい人の心の色々を優しく描く物語です。主人公の亜紀ちゃんの奮闘を応援するうちに、私も背中を押されるような気持ちになりました。そんな亜紀ちゃんの不思議な力強さを私の歌でも作品に注入できたらと思っています。そして演技に初挑戦。歌だけをしてきた私にどんなことが出来るのか、この経験がどんなふうに歌に還っていくのか、未知なる世界に踏み出せることを嬉しく、楽しみにしています。

音楽ナタリーをフォロー