音楽ナタリー

LACCO TOWER「火花」、ザスパクサツ群馬の応援ソングに

290

LACCO TOWER

LACCO TOWER

LACCO TOWERの新曲「火花」が群馬のJリーグチーム・ザスパクサツ群馬の公式応援ソングに決定した。

今年結成15周年を迎えたLACCO TOWERと、創立15周年を迎えたザスパクサツ群馬。群馬を拠点にする2組が、15周年を機にタッグを組むこととなった。塩崎啓示(B)はザスパクサツ群馬への思いを「創立当時、地元群馬にプロサッカーチームができることを心から喜び、地域に密着し、地域の人達と共に歩んできたザスパクサツ群馬に自分たちの活動を重ね合わせ、自らを奮い立たせていたことを思い出しています」と語り、「この『火花』という曲が、皆様の心の弱気にクイを打ち、声高らかにスタジアムに広がりますことを今は夢見ています。LACCO TOWERはザスパクサツ群馬と共に戦い、諦めることなく頂点を目指すことを約束します◎」と宣言。ザスパクサツ群馬の川岸祐輔選手は「僕も地元出身の選手として、群馬を盛り上げていきたいなと常々感じており、LACCO TOWERの皆さんとともに、ザスパクサツ群馬を、そして群馬県全体をもっと盛り上げていきたいと思います」とコメントしている。

「火花」は8月23日リリースのニューアルバム「遥」に収録される。またアルバムの発売に先駆けて8月11日よりiTunes Storeほかにて配信されることが決定した。

塩崎啓示(B) コメント

「15周年」、そして「群馬拠点」。この2つの大きな共通点を絆に、ザスパクサツ群馬と僕たちLACCO TOWERを繋げてもらえた事にとても強い縁を感じています。創立当時、地元群馬にプロサッカーチームができることを心から喜び、地域に密着し、地域の人達と共に歩んできたザスパクサツ群馬に自分たちの活動を重ね合わせ、自らを奮い立たせていたことを思い出しています。
僕たちの15年間の活動はいつだって崖っぷちのギリギリでした。それでも必死に戦ってきました。その中で、良い時も悪い時もいつも温かく迎えてくれたのがこの群馬という愛すべき地元でした。ザスパクサツ群馬が「おらが町のクラブ」であるように、僕たちLACCO TOWERも「おらが町のバンド」だと認めていただけるよう、 今も群馬にこだわり全国に向けて発信しています。サッカー選手もミュージシャンも戦うフィールドは違えど、同じ大切なものを守りながら戦っています。それは、サポーター、スポンサー、スタッフという心から応援してくれる、一緒に戦ってくれる人たちの存在に他なりません。僕たちにこれまで幾度となく訪れた試練も、その大事な人たちの後押しがあったからこそ乗り越えられました。決して順風満帆だったわけではない、どん底を経験した、こんな僕たちだからこそ、はっきり言えます。
「最後まで決して諦めない、奇跡は絶対に起きる」
この「火花」という曲が、皆様の心の弱気にクイを打ち、声高らかにスタジアムに広がりますことを今は夢見ています。LACCO TOWERはザスパクサツ群馬と共に戦い、諦めることなく頂点を目指すことを約束します◎

ザスパクサツ群馬 川岸祐輔選手 コメント

自分もよく知る地元のバンドであるLACCO TOWERさんが、ザスパクサツ群馬の応援ソングを提供してくださるという話を聞いて、非常に嬉しく思います。僕も地元出身の選手として、群馬を盛り上げていきたいなと常々感じており、LACCO TOWERの皆さんとともに、ザスパクサツ群馬を、そして群馬県全体をもっと盛り上げていきたいと思います。
今シーズンの残り試合を、この「火花」という曲をBGMに、熱く戦っていきたいと思います!!

※塩崎啓示の「崎」は山へんに「立」と書いて「可」の異体字が正式表記。

音楽ナタリーをフォロー