音楽ナタリー

凛として時雨、ドラマ「下北沢ダイハード」に新曲「DIE meets HARD」書き下ろし

1968

凛として時雨が7月21日(金)深夜スタートのテレビ東京系ドラマ「下北沢ダイハード」のエンディングテーマとして、新曲「DIE meets HARD」を書き下ろしたことが発表された。

凛として時雨がドラマのタイアップ曲を書き下ろすのは今回が初。「下北沢ダイハード」は人気劇作家たちが「下北沢で起きた人生最悪の一日」をテーマに脚本を書き下ろす1話完結型のオムニバスドラマで、総合演出を関和亮が手がけている。

TK(Vo, G)は楽曲について「久々のシングルということでクールな凛として時雨で行こうと思ったのですが、関監督にまんまと乗せられまして、最高にホットな作品になっちゃいました」とコメント。また関は「ダイでハードな楽曲が欲しいと希望していたら、まさにダイでハードな楽曲が上がってきました。時雨の皆さんありがとう」と時雨にメッセージを送っている。

「DIE meets HARD」は時雨のニューシングルの表題曲として8月23日にリリースされる。このシングルには表題曲のほか、カップリング「I'm Machine」と、ナカコーことKoji Nakamuraによる表題曲のリミックスバージョンを収録。初回限定盤にはDVDが付属し、「DIE meets HARD」ミュージックビデオに加え、「DIE HARD RADIO」と銘打ったTK、345(Vo, B)、ピエール中野(Dr)の3人による音声コンテンツが収められる。

凛として時雨のオフィシャルサイトにて新シングルのリリースにちなんだ特製Tシャツとボトルの受注販売がスタート。なお7月16日に東京・LIQUIDROOMで行われるピエール中野の主催ライブイベント「ピエールフェス2017」では、ドラマの初回放送を前に新曲がフル尺で解禁される予定となっている。

凛として時雨「DIE meets HARD」収録曲

CD

01. DIE meets HARD
02. I'm Machine
03. DIE meets HARD(Koji Nakamura Remix)

DVD

01. DIE meets HARD(Music Video)
02. DIE HARD RADIO

音楽ナタリーをフォロー