音楽ナタリー

ワンマン?! まだはやーい!! スタメンKiDS、AMEZARIとのツーマンで新曲披露

366

スタメンKiDSとAMEZARI。(写真提供:激唱)

スタメンKiDSとAMEZARI。(写真提供:激唱)

スタメンKiDSが5月14日に東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにてAMEZARIとのツーマンライブ「スタメンKiDS ワンマン?! まだはやーい!! ~AMEZARIと初2マン!! ステージ(1)・(2)~」を開催した。

ライブは「ステージ(1)」「ステージ(2)」の2部構成で行われ、ステージ(1)ではスタメンKiDSメンバーがBS日テレのレギュラー番組「EBiDAN アミーゴ!」の公開収録に挑戦した。「スタメンKiDSのドリームシアターBESTセレクション」と銘打たれたコーナーでは、メンバーが3人ずつに分かれて即興芝居の対決を実施。7人は客席を笑いで包み込むアドリブ演技で会場を盛り上げる。最後にはAMEZARIメンバーも飛び入りで参加し、両者のファンが歓喜する中で収録は終了した。

続くステージ(2)では2組によるライブが披露された。先攻で登場したAMEZARIは「AMEZARIメドレー」「キミ★ジャン」「JBOYS JGIRL」「ハートブレイク」を続けてパフォーマンス。MCではメンバーがスタメンKiDSと一緒にやってみたいことについて語り、佐々木頼忠が「一緒に曲を作ってみたい」、三屋響が「同じ衣装を着てライブがしたい」、安藤夢叶が「外で一緒にストリートライブをやってみたい」と言うなど、それぞれに想像を膨らませた。

AMEZARIに続いて登場したスタメンKiDSは「こえど行進曲」でライブをスタートさせ「てらこや」「おどれ!ニンポー大作戦」などオリジナル曲を立て続けに披露する。するとステージに「悪代官」と名乗る人物が乱入し、メンバーに向かって「みんなが驚くような特技を披露する」ことを命じた。

これを受けて長崎大晟がリコーダーでGReeeeN「キセキ」の演奏を、清水在が綱引きのパントマイムを披露するなどメンバーは特技を披露していく。城桧吏はブルゾンちえみのモノマネで“ブルゾンかいり”になりきり、観客の爆笑を誘った。7人の奮闘によって悪代官は退散し、メンバーはライブを続行。後半戦ではケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ)が書き下ろし、P→★(TEMPURA KIDZ)が振付を担当した新曲「スタメン7銃士」がお披露目され、7人は“7銃士ポーズ”と名付けられた特徴的な振りで観客に新たな一面を見せつけた。

またMCではメンバーがそれぞれに今後の夢や目標について語る場面も。大晟は「昨年は『みんなで踊ろう』(ライブイベント)で、今年はツーマンなので、来年にはワンマンをやりたい!」、佐藤大志は「いろんな人にスタメンKiDSのことを知ってもらいたい!」とコメント。財部友吾は「武道館でワンマンライブをしたい!」、りきまるは「目標は日産スタジアムでワンマンライブをすること!」と夢の舞台に思いを馳せ、須藤琉偉は「ダンスや歌を磨いて、いろんなところでフリーライブをしたい!」と語った。最後には彼らの先輩であるSUPER★DRAGONのグループ内ユニット・サンダードラゴンのナンバー「INAZUMA」のカバーを届け、ライブは終了。手をつないだ7人は深くお辞儀をし、拍手と歓声の中ステージをあとにした。

「スタメンKiDS ワンマン?! まだはやーい!! ~AMEZARIと初2マン!! ステージ(1)・(2)~」
2017年5月14日 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE ステージ(2)セットリスト

AMEZARI

01. AMEZARIメドレー
02. キミ★ジャン
03. JBOYS JGIRL
04. ハートブレイク

スタメンKiDS

01. こえど行進曲
02. てらこや
03. おどれ!ニンポー大作戦
04. だんご七兄弟
05. まつりBAYASHI!!
06. スタメン7銃士
07. INAZUMA

※長崎大晟の崎はたつさきが正式表記です。

音楽ナタリーをフォロー