音楽ナタリー

cero「ロープウェー」MVで“大切な場所”へ

519

cero

cero

ceroが「ロープウェー」のミュージックビデオをYouTubeで公開した。

「ロープウェー」は昨年12月にceroがリリースしたシングル「街の報せ」の収録曲。本日5月17日に「街の報せ」がアナログ12inchでリリースされたことから、この楽曲のMVが公開された。

MVの監督は仲原達彦が担当。彼はこのMVを8mmフィルムで撮影し、全編モノクロの映像作品に仕上げた。映像はメンバーそれぞれにとっての“大切な場所”で撮影されている。

なお彼らは、8月11日に東京・新木場STUDIO COASTでライブイベント「Traffic」を主催する。この公演の出演者は後日発表。5月20日に各プレイガイドでチケットの一般販売がスタートする。

仲原達彦 コメント

この曲を最初に聴いた時になぜか、モノクロームの世界のなかで、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかったので、みなさんに頼み込んで無理を言って作らせてもらいました。
映像のことを考えている時に公開された「街の報せ」のMVもあまりに素晴らしく、「ロープウェー」は、「街の報せ」の世界から、もう少しフォーカスが個人に寄った曲なんだな、という解釈をして、ひとりひとりの大切な(大切だった)場所に連れて行ってもらい、モノクロームの8mmフィルムで撮影しました。

音楽ナタリーをフォロー