音楽ナタリー

関ジャニ∞、紅白トップバッターで司会2人へ「どう絡んでやろうかな」

566

12月31日(土)放送の「第67回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが、本日12月29日に東京・NHKホールにて行われている。この記事では関ジャニ∞のコメントを紹介する。

取材が始まると村上信五が開口一番「まずはSMAP兄さんについて」と解散を目前に控えたSMAPについて口火を切り、「偉大な歴史を作ってくれた先輩。我々が少しでも、ステージやメディアでのパフォーマンスでジャニーズのいいところを見せていきたいし、それを意識しながら2017年以降もがんばっていきたいです」と真剣な表情で語る。直後に「では、このあとは自分たちの話でもよろしいでしょうか?(笑)」と報道陣に語りかけ、笑いを誘った。

以前「紅白歌合戦」出場時に“関ジャニ∞の広報部長”を名乗った丸山隆平は、スリーピースのスーツ姿で現れ「今年も広報部です。続けることは大事ですね」と胸を張る。5回目出場の心境を尋ねられると、横山裕は「(5回目でも)慣れないですね、独特の緊張感があります。今年は初のトップバッターで、初のルーフステージなので」と、2階客席に設けられた「ルーフステージ」を使ったパフォーマンスへ向けて気を引き締めた。

司会者との面談では紅組司会の有村架純、白組司会の相葉雅紀(嵐)とオープニングの演出について相談したという彼ら。安田章大は「『ズッコケ男道』は皆様と掛け合える曲なので、ぜひ参加してほしいです。相葉さんと有村さんも踊ってくれると約束してくれました」と話すが、すかさず大倉忠義から「約束はしてない!(笑)」と訂正が入る。このオープニングについて、錦戸亮が「僕と(渋谷)すばるが(司会者2人を)囲むんです」と明かすと、渋谷は「どう絡んでやろうかなと……(笑)」と不敵な笑みを浮かべた。

また、今年1年を振り返っての心境を聞かれた村上は「夏はリサイタル、冬は5大ドーム。お客さんと向き合う時間をたくさんいただけました」と語る。一方、前回の5大ドームツアー最終日を腸閉塞で欠席してしまった大倉は「(今回は)胃腸を整えながら、お正月なので食べすぎないように(笑)」と、新年への誓いを新たにしていた。

音楽ナタリーをフォロー