音楽ナタリー

さきのん、爆笑トークの新譜発売イベント「毎日がエブリデイ」

211

さきのんによる「NONSTOP☆DISCOTHEQUE」発売記念イベントの様子。

さきのんによる「NONSTOP☆DISCOTHEQUE」発売記念イベントの様子。

DEAR KISSの四島早紀、ののこによるユニット・さきのんが昨日12月21日に東京・TOWERmini汐留店にて1stシングル「NONSTOP☆DISCOTHEQUE」の発売記念イベントを開催した。

この日はリリースイベント初日ということとシングルに収録されるカップリング曲を初披露するとあって、会場には多くのファンが駆けつけた。スタイリッシュなDEAR KISSの衣装とは違いキュートなパステル調の服を着た2人は、さっそく表題曲「NONSTOP☆DISCOTHEQUE」を歌唱。2人が以前所属していたGALETTeの楽曲を彷彿とさせるようなディスコチューンが会場に響き渡り、オーディエンスは大いに盛り上がった。

歌い終わった2人は、楽曲が2曲しかないということでトークコーナーを長めに実施。四島は「『NONSTOP☆DISCOTHEQUE』は私たち2人がアイドル活動してきて、これまで体験してきたことを歌詞に込めてみました。また2人で歌うことができるなんて思わなかったのでとてもうれしいです!」と喜びを露わにした。するとののこは「以前のグループでは2人でイベントに出ることが何度かあったんですけど、そのとき早紀ちゃんが私のドジ話を全部暴露したんですよ! 皆さん! ののこはシングルのリリース日を間違わずに言えたので、頭がよくなって帰ってきました!」とアピールし、道行く外国人に突然「ハロー!」と声をかけるなど、変わらず天真爛漫な姿を見せた。

さらにののこは、DEAR KISSの楽曲の振り付けを連日のレッスンで全曲覚えたことを報告。「DEAR KISSも、さきのんも、短期間で振りを覚えるのは大変でした。もう毎日がエブリデイでした!」と先ほど賢くなったアピールをしたばかりにもかかわらず謎の発言で観客を困惑させる。すかさず四島が「もう少しいいこと言ってよ!」とフォローを入れると、ののこは「さきのんを結成して、いろんなところで活動する機会が増えて、本当にうれしい気持ちでいっぱいです!」と真面目にコメントし、トークコーナーを締めくくった。

そしてイベントのラストで2人はカップリング曲「Lovers Resonance」を初披露。1曲目とは打って変わって妖艶なダンスと歌詞が特徴的な同曲について、ののこは「大人なエロさが感じられる、禁断の恋がテーマになってます」と楽曲を解説した。四島は「改めて2年前くらいに2人でイベントをやってた時期を思い出しました。DEAR KISSだけでなく、さきのんもこれからもっと成長していきたいと思います」と意気込みを述べて、この日のイベントを終えた。

なお2人が所属するDEAR KISSの定期公演が明日12月23日に東京・ヤマハ銀座スタジオで2部にわたって開催される。

DEAR KISS定期公演

2016年12月23日(金・祝)東京都 ヤマハ銀座スタジオ
[1部] OPEN 13:00 / START 13:30
[2部] OPEN 17:30 / START 18:00
<出演者>
DEAR KISS / SHiNY SHiNY

音楽ナタリーをフォロー