音楽ナタリー

AKB48「存在する理由」舞台挨拶でこじはるが監督に詰問

332

「存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48」舞台挨拶の様子。

「存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48」舞台挨拶の様子。

本日6月30日に東京・シネマメディアージュにてAKB48のドキュメンタリー映画「存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48」の舞台挨拶が行われた。

上映会後に行われた舞台挨拶には映画の監督を務めた石原真のほか、横山由依、小嶋陽菜、峯岸みなみ、渡辺麻友、島崎遥香、宮崎美穂、木崎ゆりあといったグループのメンバー12人が登壇。舞台挨拶の冒頭で「懺悔があります」と挙手した監督の石原は「(尺の関係で)メンバー全員を映画に出させてあげられなくてごめんなさい」と謝罪する。これに対し小嶋が「私、なんでインタビューに呼ばれなかったんですか?」と詰問し、観客の笑いを誘った。

渡辺は「玄人目線で、AKB48に長く関わってくださっている石原さんだからこそ作れた作品になった」と今作をアピール。また柏木は「メンバーの覚悟や挑戦、挫折、涙が今までのドキュメンタリー映画よりもポジティブに描かれています。観たあとにこれからのAKB48を応援したくなるような、グループの将来につながる映画になっていてすごくうれしかった」と映画を観た感想を述べる。すでにグループの卒業を発表している小嶋は「この映画にはこれからのAKBを作っていくメンバーの心境や物語がたくさん詰まっていて。『がんばってね』と思いながら観てました」と話していた。

舞台挨拶の最後に横山は「『存在する理由』という映画には、私たちのもがいている姿がたくさん収められています。私たちAKB48は皆さんに観てもらうことで初めて存在することができるものだと思っているんです。ぜひ皆さんこれからも応援よろしくお願いします」と、ファンに向けてメッセージを送った。

映画「存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48」は、7月8日に全国の映画館で公開される。

※木崎ゆりあの「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

音楽ナタリーをフォロー