音楽ナタリー

「このバンドやっててよかった」10周年AFOC、新旧ナンバーで魅せた新木場公演

711

佐々木亮介(Vo, G)(Photo by Viola Kam[V'z Twinkle])

佐々木亮介(Vo, G)(Photo by Viola Kam[V'z Twinkle])

a flood of circleが、昨日6月4日にワンマンツアー「AFOC 10th Anniversary“THE BLUE TOUR -青く塗れ!-”」の東京公演を新木場STUDIO COASTにて開催した。

バンド結成10周年を記念してリリースされたベストアルバム「THE BLUE」を携えて、4月から全国を回ってきた彼ら。ツアー中最大規模の会場となった4日の公演では「THE BLUE」の収録曲を中心に新旧のナンバー全24曲を披露し、集まったオーディエンスを熱狂の渦に巻き込んだ。

場内が暗転すると、青地のノースリーブシャツを着た渡邊一丘(Dr)を筆頭に、青い革ジャンを羽織った佐々木亮介(Vo, G)、青いワンピース姿のHISAYO(B)、青いシャツを着たサポートギターのキョウスケ(爆弾ジョニー)が登場。佐々木は「おはようございます! a flood of circleです」というおなじみの挨拶を経て、「Golden Time」でライブの口火を切る。佐々木の「飛ばしていくぞ!」という宣言通り、序盤はパンキッシュでスピード感のあるロックナンバーが連投されフロアの熱気は上昇していった。

中盤のハイライトとなったのは「Black Eye Blues」。渡邊とHISAYOが繰り出す太いリズムに乗せて、佐々木はハンドマイクでパフォーマンスを繰り広げる。佐々木の熱演を支えるようにオーディエンスも大きくシンガロングし、力強い一体感を会場に作り出した。

「月に吠える」「月面のプール」といったミディアムチューンでひと息入れつつ、後半は「Buffalo Dance」「Dancing Zombiez」などでアグレッシブなモードを全開にしたメンバーたち。佐々木は「俺はこのバンドやっててよかった」と紆余曲折あった10年間を振り返り、「俺たちみんな、ここからお互い転がり続けていきましょう」「これが集大成ではなく、ここからがスタート」と力強く口にしさらなる飛躍をファンに約束した。ライブの終盤ではロンドンでレコーディングしてきたという、朗らかなメロディとバンドサウンドが印象的な新曲「BLUE」をプレイし、a flood of circleの新しい一面をオーディエンスにアピールしていた。

なお「AFOC 10th Anniversary“THE BLUE TOUR -青く塗れ!-”」は、6月11日に沖縄・Outputでファイナルを迎える。また新木場STUDIO COAST公演は映像化され、9月7日にBlu-rayおよびDVDでリリースされることが決定している。

音楽ナタリーをフォロー