音楽ナタリー

Stereo TokyoがCDリリースを卒業、インストアも廃止

455

「Dancing Again」リリースイベントの様子。 (photo by KOSUKE USIZIMA(MAVERICKWORKS))

「Dancing Again」リリースイベントの様子。 (photo by KOSUKE USIZIMA(MAVERICKWORKS))

EDMアイドルのStereo Tokyoが今後CDをリリースしないことを発表した。

Stereo TokyoとStereo Fukuokaからなる合同ユニット・STEREO JAPANは5月4日に2ndシングル「Dancing Again」をリリース。彼女たちは発売記念キャンペーンの一環として今作が1万枚売れたら解散するという企画を実施しており、この結果が5月29日に東京・ELE TOKYOで行われたリリースイベントの中で発表された。ステージに登場した水江文人プロデューサーは「Dancing Again」の販売枚数が4880枚であったことを明かし、CDが売れないという現状を受け止めて今後はStereo Tokyoの楽曲リリースを配信に移行するとファンに告げた。

また今回STEREO JAPANが行ってきた「1万枚売れたら解散」や「Stereo Tokyoのリーダー・三浦菜々子がフルマラソンを完走しなければ解散」という販促企画についても、「このような企画はメンバーもファンも疲弊するだけ」と見解を説明し、今後はインストアイベントも実施せず、「著しいプロモーション効果がある」もしくは「ギャラが著しく高い」という条件を満たしたイベントにのみ参加すると宣言した。

なおSTEREO JAPANのYouTube公式チャンネルでは、今回のライブイベントの模様を360°カメラで撮影した映像を公開中。さらに同ライブを全編収録したハイレゾ音源が音楽配信サイト・OTOTOYで無料配信されている。

音楽ナタリーをフォロー