音楽ナタリー

氷室京介ラストライブで35曲熱唱「これで気持ちの整理がついた」

12340

氷室京介(写真提供:ワーナーミュージック・ジャパン)

氷室京介(写真提供:ワーナーミュージック・ジャパン)

氷室京介のドームツアー「KYOSUKE HIMURO LAST GIGS」ファイナル公演が、本日5月23日に東京・東京ドームにて行われた。

氷室は2014年7月に、耳の不調などにより今後のライブ活動の無期限休止を発表。その後の神奈川・横浜スタジアムでのライブを経て、今年4月より活動休止前最後のライブとなる今回のツアーを開始した。今回のツアーは4月23、24日の大阪・京セラドーム大阪公演からスタートし、愛知・ナゴヤドーム公演、福岡・福岡 ヤフオク!ドーム公演を経て、東京ドームにて3DAYS公演を実施。ツアー全7公演で30万人超を動員した。

開演時刻を迎え場内の照明が落ち、氷室のこれまでの軌跡を振り返るオープニングムービーが流れ始めるとすさまじい歓声と手拍子がドーム内にこだました。映像が終わるとステージに氷室が登場。「最後の夜だぜ!」と叫び、1曲目「DREAMIN'」を歌い上げる。サビでは氷室の煽りに応え、観客が大合唱を響かせた。

その後は「RUNAWAY TRAIN」「BLUE VACATION」とBOOWY時代の名曲を連続で披露していく。氷室は熱狂的に盛り上がる会場を見渡して笑顔を浮かべつつ、伸びやかな声を響かせた。ここで氷室は「今日のライブは35年の歴史を振り返る曲を用意してあるから、最後までじっくりたっぷり楽しんでほしいと思ってます」と挨拶。「BABY ACTION」ではステージ両翼の花道へと進み出て、激しいアクションでドームの隅々まで盛り上げた。

「"16"」では軽快なリズムに乗せて氷室と5万5000人の観客が拳を挙げ、場内の一体感をさらに高める。続く「IF YOU WANT」では力強く感動的な歌声を届け、オーディエンスはじっくりと耳を傾けていた。MCで氷室はこの日のステージを「もう二度とない最後の空間なんで……」と表現し、「今の気持ちを、喋るよりも歌で届けたいと思います」と語ってから「LOVER'S DAY」を丁寧に歌い上げた。

イントロでどよめきが起こった「CLOUDY HEART」、ダイナミックなビートでドームを揺らした「LOVE & GAME」と、その後も圧巻のナンバーを連発する。「PARACHUTE」のあと、氷室はこの曲を作詞したTAKURO(GLAY)とのエピソードを語る。ロサンゼルスを訪れたTAKUROから「氷室さん、このあとどうするんですか?」とライブ活動休止後について尋ねられたという氷室は「ゆっくりアルバムを作って、60歳くらいになったら出そうかな。あまり日本語のタイトルを付けたことがないからタイトルは『還暦』で1曲目は『60』、2曲目は『年金』で……」と冗談を言い、TAKUROから「お願いだから最後のライブでそんなこと言わないでください!」と止められたとのこと。ユーモラスなやり取りに場内から笑いが起こるが、「まあ、時間をかけてアルバムを作ろうと思ってるよ。これはマジな話」と氷室が明かすとオーディエンスは大きな喜びの声を上げ、期待の拍手を送った。

本編後半戦は「BANG THE BEAT」「NATIVE STRANGER」と、アグレッシブなロックチューンを立て続けに披露していく。「ONLY YOU」や「RENDEZ-VOUZ」では5万5000人の大合唱がこだまし、氷室も笑顔でその声に聴き入った。「気持ちいいぜ東京ドーム! このまま行けますか!」という氷室の声に続いての「PLASTIC BOMB」「WILD AT NIGHT」で、場内の熱気はさらに高まった。本編の最後はソロデビュー曲「ANGEL」を熱唱。曲が終わると「サンキュー、楽しかったです!」と笑顔を浮かべ、ステージをあとにした。

怒号のように響き渡るアンコールの声に応えて再び姿を表した氷室は、2014年のライブ活動休止発表後からこのツアーまでを振り返り「『リベンジライブをやらせてくれ』って言ってから1年半ぐらい待たせちゃったけど、これで自分の中で気持ちの整理がついたなと思ってます」と語る。そして「こうしてたくさんの連中にエネルギーをもらえる人生を35年も送らせてもらって、本当に感謝してます」と改めてこの日集まったファンへ感謝を述べた。そして「みんなに贈りたい曲を、心を込めて歌います」と「The Sun Also Rises」を歌う。今の氷室とファンの心境を表したようなこの歌に、涙を流しながら聴き入る観客の姿もあった。

「IN THE NUDE」「JEALOUSYを眠らせて」「NO.N.Y.」で華々しくアンコールを締めくくったあともオーディエンスの手拍子は止まず、ダブルアンコールへと突入する。ステージに戻ってきた氷室は「今夜は死ぬまで終わんねえぞ?」と客席に呼びかけ、大きな歓声を浴びた。その盛り上がりのまま「VIRGIN BEAT」「KISS ME」と代表曲を連発。氷室は最後を惜しむように、バンドメンバーそれぞれと目線を合わせながら歌い続けた。

「SUMMER GAME」でダブルアンコールが終わってもファンの手拍子は鳴り止む気配を見せず、開演から3時間以上を経てのトリプルアンコールに。官能的に「SEX & CLASH & ROCK'N'ROLL」を歌い上げたあと、いよいよ最後の曲「B・BLUE」が始まった。氷室は時折笑顔を浮かべながら最後まで力強い声で歌い、観客も全身で最後の1曲を楽しんでいた。ラストナンバーを歌い終えた氷室は微笑みながら「サンキュー、東京ドーム!」と挨拶。客席に投げキッスを送った。

すべての曲が終わると、場内のスクリーンには場内の様子とファンが寄せたメッセージが流れる。最後は氷室からの「THANK YOU ALL FANS」というメッセージが映し出され、オーディエンスは涙ぐみながらも「ありがとう、ヒムロック!」と感謝の言葉を口々に叫んでいた。

氷室京介「KYOSUKE HIMURO LAST GIGS」
2016年5月23日 東京ドーム セットリスト

01. DREAMIN'
02. RUNAWAY TRAIN
03. BLUE VACATION
04. TO THE HIGHWAY
05. BABY ACTION
06. ROUGE OF GRAY
07. WELCOME TO THE TWILIGHT
08. MISS MYSTERY LADY
09. "16"
10. IF YOU WANT
11. LOVER'S DAY
12. CLOUDY HEART
13. LOVE & GAME
14. PARACHUTE
15. BANG THE BEAT
16. WARRIORS
17. NATIVE STRANGER
18. ONLY YOU
19. RENDEZ-VOUZ
20. BEAT SWEET
21. PLASTIC BOMB
22. WILD AT NIGHT
23. WILD ROMANCE
24. ANGEL
<アンコール>
25. The Sun Also Rises
26. 魂を抱いてくれ
27. IN THE NUDE
28. JEALOUSYを眠らせて
29. NO.N.Y.
<ダブルアンコール>
30. VIRGIN BEAT
31. KISS ME
32. ROXY
33. SUMMER GAME
<トリプルアンコール>
34. SEX & CLASH & ROCK'N'ROLL
35. B・BLUE

※文中、BOOWYの2つ目のOはストローク符号付きが正式表記。

音楽ナタリーをフォロー