音楽ナタリー

MUCC×AKi「M.A.D」サンプラザ公演にシドゆうや飛び入り

1305

MUCC(撮影:西槇太一)

MUCC(撮影:西槇太一)

MUCCとAKiによるライブツアー「MAVERICK DC presents DOUBLE HEADLINE TOUR 2016『M.A.D』」の東京・中野サンプラザホール公演が、3月18日と19日の2日間にわたって行われた。この記事では18日公演の模様をレポートする。

この日は開場時間中に、オープニングアクトとして新人バンドCLOWDが登場した。彼らは出演決定時に「先輩たちのステージギラつかせます!」とアナウンスしていたように、気合いの入ったパフォーマンスを披露。最後にKOU(Vo)は「いつか僕たちの力でこのステージに立ちます!」と誓ってステージをあとにした。

ライブ本編の幕が上がり、まずはMUCCがステージへ。彼らはミヤ(G)のシャウトで始まるヘビーな「睡蓮」を1曲目として届けたのち、「ENDER ENDER」「G.G.」とライブの定番曲を連発しオーディエンスの熱気を引き上げていく。一転して中盤では「レインボー」「死んでほしい人」といった叙情的なミディアムチューンで、観客をディープな世界へ誘った。逹瑯(Vo)はMCで「残すところ数本になりすげえ寂しいです。願わくば『M.A.D』でもいいし、そんなに空けない間にこのメンツで集まれたらなと思います」とAKiとの競演を熱望する。そして逹瑯の「踊ってちょうだい! なんだっていいよ。自由に踊って!」「あいつらのあとにやりたくないという空気を作りたいの!」という言葉からバンドは「フォーリングダウン」をはじめとするダンスチューンを熱演。最後までエネルギッシュなパフォーマンスを繰り広げた。

AKiは、紗幕の向こうにシルエットを浮かび上がらせる幻想的なオープニングを経てライブをスタート。彼は「暴れる準備はできてる?」と呼びかけオーディエンスを煽ると、「Be Free」「FREAK SHOW」とアグレッシブなロックチューンを歌い上げた。MCでは「逹瑯さんが笑顔じゃない日ないもん。ミヤさんは笑うとかわいいよ。SATOちさんはイケメンだよ。YUKKEさんは一番かわいいよ」とMUCCメンバーとの仲のよさをアピールする。そして後半で披露された「ジウ」にはゲストギタリストとしてミヤが加わり、サポートギターの佑聖(G)と加藤貴之(G)とのトリプルギターでAKiの歌声を支える一幕も。なおその後の宮上元克(Dr)とのセッションでAKiは、ベーシストとしての顔を覗かせ観客を魅了した。

アンコールセッションは逹瑯を中心に展開。赤い着物を羽織った逹瑯は、ミヤと加藤貴之の弾くアコースティックギターの調べに乗せてTHE YELLOW MONKEY「JAM」を情熱的に歌い上げて観客を酔わせる。さらに「ごめんねイエモンばっかりで。好きなのよ」と口にした逹瑯は、ステージにAKi、YUKKE、SATOちを呼び込み、今度は「バラ色の日々」をAKiとのツインボーカルでパフォーマンス。なおラストの「MARBLE」では、シドのゆうや(Dr)が飛び入りするサプライズもあり、大盛り上がりの中で中野サンプラザホール公演の初日は終幕した。

なお1月にスタートした「M.A.D」は、残すところ3月26日と27日の北海道・道新ホール、3月31日と4月1日の東京・LIQUIDROOMの計4公演。各公演にはゲストとしてKen(L'Arc-en-Ciel)が参加する。

※CLOWDおよびKOUのOはストローク符号付きが正式表記。

音楽ナタリーをフォロー