音楽ナタリー

「SXSW 2016」で水カン、DE DE MOUSEらオースティンにぎわす

162

水曜日のカンパネラのライブの様子。

水曜日のカンパネラのライブの様子。

3月11~20日(現地時間)にアメリカ・テキサス州オースティンにて「SXSW 2016」が開催された。この記事では3月15、16日の模様を中心にレポートする。

「SXSW」は音楽、映画、インタラクティブという3部門で構成された大規模イベント。2016年は開催30周年の節目ということもあり、アメリカのバラク・オバマ大統領による基調講演など特別な催しも実施された。メイン会場となるオースティンコンベンションセンター(ACC)では、最新技術を駆使したデバイスや、音楽機材、ゲームなどを扱う世界各国の企業や団体が出展。このうち日本の大学生が出展した、お金を入れるとシャボン玉が吹き出されるデバイス「BUBBLY」を使ったデモンストレーションでは、山崎千裕、Tempalayらがブース内でミニライブを行った。

「SXSW Music Festival」は3月15日にスタート。ライブ会場が多数並ぶダウンタウンのEast 6th Streetに面したMaggie Mae'sでは、同音楽祭のオープニングパーティが実施され、CapsulaやChvrchesらが来場者を楽しませた。またACCの南側に位置するRiver Street沿いのCheer Up Charlie'sでは、DE DE MOUSEがハイテンションなアクションとともに次々にアッパーチューンをスピンし、観客をヒートアップさせる。さらに水曜日のカンパネラはコムアイがフロアを突っ切りながらステージに登場し、きび団子、Tシャツ、CDをフロアに投げ込んだり、ウォーターボールの中に入ってオーディエンスの上を歩いたり、予測不能のパフォーマンスで会場を大いに沸かせた。また15日深夜、6th Streetの1ブロック隣の通りにあるKingdomでは、ミニマルテクノの重鎮として知られるリッチー・ホウティンがノンストップでDJセットを披露した。

16日午前中、ファーストレディであるアメリカのミシェル・オバマ大統領夫人が、発展途上国の女子教育支援キャンペーン「Let Girls Learn」(「女子に教育を」)をテーマとしたACCでの講演会に登場。ミシェル・オバマ主導による女性応援歌「This Is For My Girls」をChloe and Halleが披露したあと、ミシェル・オバマをはじめ、クイーン・ラティファ、ミッシー・エリオット、ダイアン・ウォーレン、ソフィア・ブッシュによるトークセッションが行われた。

また「SXSW」内に新設されたプログラム「VR / AR Track」では、立体8K映像と22.2chの音響を使ったサカナクションとNHKメディアテクノロジーによるコラボレーション映像作品「Aoi -碧- サカナクション」が上映された。さらにKDDIがVRヘッドセットとコントローラーを駆使して仮想現実を体感させるデバイスを出展。同プログラムではこのほかにも世界各国の企業によるVRテクノロジーのデモンストレーションが行われた。

そして16日夜には約2700人を収容するACL Live at the Moody Theaterにてイギー・ポップによるライブが実施された。彼は最新作「Post Pop Depression」の共同プロデューサーであるジョシュ・オム(Queens of the Stone Age)らとともにパフォーマンスし、ファンを大いに楽しませた。またMaggie Mae'sでは「SUMMER SONIC 2016」で来日するPop Etcが登場し、6th StreetではTempalay、山崎千裕、REATMOらが路上でコラボセッションを展開。セッション中にダンサーが飛び入り参加するなど、街のいたるところで奔放なストリートライブが繰り広げられ、各所で大きな人だかりができていた。

音楽ナタリーをフォロー