音楽ナタリー

大盛況の“SuGの日ライブ”でパートチェンジやカバーも披露

115

SuGが昨日3月9日に東京・LIQUIDROOMにて、ライブイベント「SuG感謝祭 2016 -3月9日は“SuGの日”-」を開催した。

「SuG感謝祭」は彼らが“SuGの日”の日である3月9日に毎年行っている恒例のライブイベント。この日は武瑠(Vo)が「いつにも増して全力です」と話した通り、序盤からテンションの高いパフォーマンスでファンを魅了していく。またバンドは9日にリリースしたばかりのミニアルバム「VIRGIN」を収録曲順にプレイし、集まったオーディエンスを熱狂させていった。

ライブ終盤の「CRY OUT」の披露時にはフロアから盛大なシンガロングが沸き上がる。また「Howling Magic」では武瑠もギターで演奏に参加し、重厚なバンドアンサンブルを会場内に響かせていた。アンコールでは「SuG感謝祭」ならではの試みとしてメンバーがパートチェンジをした編成でライブを実施。Chiyu(B)がボーカル、武瑠とshinpei(Dr)がギター、masato(G)がベース、yuji(G)がドラムを担当し、ライブの定番曲「LOVE SCREAM PARTY」をフロアに届けた。このほかアンコールではL'Arc-en-Ciel「Driver's High」や、SiM「KiLLiNG ME」といったカバー曲も演奏され、ファンを喜ばせた。

この日最後のナンバーは、ミニアルバム「VIRGIN」のラストを飾る楽曲「Smells Like Virgin Spirit」。すでにヨーロッパツアーで同曲が披露されていることにちなみ、武瑠が「ヨーロッパに負けんなよ!」とフロアを煽ると会場内には大きなシンガロングが響き渡り、この日のライブは大盛況のうちに幕を閉じた。

※音楽ナタリー Power Push 公開中!
SuG「VIRGIN」特集 SuG×Tom-H@ck対談 | バンドとアレンジャーの愛ある関係

音楽ナタリーをフォロー