音楽ナタリー

「もう魔法みたい」NOVELS東京レコ発、THE PINBALLSと踊る一夜

254

「Welcome to the Dance floor」東京・TSUTAYA O-Crest公演の様子。(撮影:森本優一)

「Welcome to the Dance floor」東京・TSUTAYA O-Crest公演の様子。(撮影:森本優一)

3月4日に東京・TSUTAYA O-Crestでライブイベント「Welcome to the Dance floor」が開催された。

アルバム「DANCE BOOK」の発売を記念し、東名阪ツアーを実施しているNOVELS。東京公演ではTHE PINBALLSを前座に迎え公演が行われた。

まず最初に登場したTHE PINBALLSは「真夏のシューメイカー」でライブをスタート。古川貴之(Vo, G)が「NOVELSおめでとう!」とレコ発開催を祝いつつ、森下拓貴(B)は「全力で、俺たちなりに思いっきり盛り上げるぜ!」とハイテンションな様子で観客を煽っていった。

彼らは「アンテナ」「法王のワルツ」「十匹の熊」といったアップテンポなナンバーを休みなく披露し、どんどんフロアを温めていく。各楽曲で森下と石原天(Dr)が力強いリズムで演奏をリードしていく中、「SLOW TRAIN」では古川と中屋智裕(G)が向き合ってギターを弾く一幕もあった。そして「片目のウィリー」で古川は、ドラムを踏み台にしての大ジャンプでステージをフィニッシュ。終始勢いを緩めず、アクティブなパフォーマンスでオーディエンスを沸かせた。

本日のメインアクトであるNOVELSは、最新作「DANCE BOOK」の1曲目「Goodbye Heartbreaker」でライブを開始させた。 竹内真央(Vo, G)は柔らかな歌声を会場に響かせ、その横で楠本正明(G)は序盤からステージ前方の台に立ち、観客を煽っていく。「死神ダンス」ではサポートメンバーである三友行人(B)、野村卓馬(Dr)が力強くリズムを刻み、フロアは飛び跳ねる人でいっぱいとなった。

中盤に差し掛かり「ヴァルプルギスの夜」では、楠本と三友による激しい掛け合いが行われ、観客の歓声が飛び交う場面も見られた。「I wanna」演奏後のMCで竹内は「普段より曲数多くやってるのに、すごく短く感じて。もう魔法みたい」「こんな状態を作れたのはあなたたちのおかげです!」と感謝を述べた。そしてメンバーは「Alchemist」「ストレイシープの巡礼」を休みなく披露し本編は終了。アンコールでは「アースダイバー」「鏡の国の二人」を演奏したのち、竹内は「また遊ぼう!」とにこやかな表情を浮かべて公演を締めくくった。

音楽ナタリーをフォロー