音楽ナタリー

「境界のRINNE」OPをPile、EDをGLIM SPANKYが担当

509

NHK Eテレで4月9日(土)17:30から放送されるテレビアニメ「境界のRINNE」第2シリーズのオープニングテーマをPileが、エンディングテーマをGLIM SPANKYが担当する。

「境界のRINNE」は高橋留美子が「週刊少年サンデー」で連載中の同名マンガを原作とした作品。オープニングにはPileの新曲「Melody」が使用される。同曲のリリースは未定となる。

エンディングテーマに決定したのはGLIM SPANKYの新曲「話をしよう」で、楽曲について松尾レミ(Vo, G)は「りんねと桜や、聴いてくれる皆にとって、共に寄り添って、ぽんっと背中を押してくれる一曲になりますように」、亀本寛貴(G)は「原作やアニメの過去の放送分を見て、エンディングで自分たちの楽曲が流れるのをイメージしながら作りました」とコメントしている。こちらのリリース情報に関しては後日発表される。

GLIM SPANKY コメント

松尾レミ(Vo, G)

アニメを見終わった後に心にそっと響くような、誰しも感じる心の内側を描きたいなと思い、この曲を作りました。家族、友情、恋愛、全てに通じる感情が詰まっています。りんねと桜や、聴いてくれる皆にとって、共に寄り添って、ぽんっと背中を押してくれる一曲になりますように。

亀本寛貴(G)

原作やアニメの過去の放送分を見て、エンディングで自分たちの楽曲が流れるのをイメージしながら作りました。境界のRINNEにピッタリの楽曲になったと思います!

音楽ナタリーをフォロー