音楽ナタリー

真空ホロウ、男らしさ見せたバンド編成ライブ

497

松本明人(撮影:高田真希子)

松本明人(撮影:高田真希子)

真空ホロウが2月25日に東京・WWWでワンマンライブ「真空パックvol.10」を開催した。

サポートメンバーの高原未奈(B / eStrial)、Yuumi(Dr / FLiP)、西村奈央(Key)がスタンバイし、少し遅れて松本明人(Vo, G)がステージに姿を見せる。彼は「闇に踊れ」で勢いよくライブをスタートさせると、「カラクロメイロ」「シンデレラコンプレックス」「虹」とアップテンポなロックチューンを立て続けに披露して会場の熱気を引き上げた。

矢継ぎ早に4曲を披露したところで松本は「どうか最後までこの部屋の中で思いのままに楽しんでいってください」と挨拶。そして「ゲシュタルト」「ひかりのうた」といった楽曲を優しく歌い上げ、オーディエンスを魅了する。また珍しくギターを置き、昭和歌謡テイストの「Tokyo Blue bug」や新曲「陽炎」を全身を使って妖艶にパフォーマンスした。

MCで松本は、サポートメンバーの女性陣について「スタジオ内の雰囲気と言えば、僕には決して経験のないにじみ出る“女子校感”でして。でも演奏になると男性よりも男性らしくて、僕を引っ張ってくれました。これからやる曲は僕の男らしさを見せるチャンスです(笑)」とコメント。その言葉通り、ライブ終盤では「バタフライスクールエフェクト」「アナフィラキシーショック」などの楽曲でアグレッシブなプレイを見せる。そしてラストの「MAGIC」で松本は「声に出しても、心で思っても、体で表現してもいいです。一緒に歌いましょう」と呼びかけ、大合唱を巻き起こした。またアンコールでは新曲を立て続けに4曲披露してこの日のステージを終えた。

なおこの日のライブの模様はLINE LIVEにて3月25日まで配信されているので、気になる人はチェックしてみよう。真空ホロウは4月1日の愛知・BLcafe公演より弾き語りツアー「真空ホロウ Acoustic Tour 2016『真空歩廊展 -第一回-』」を開催。このツアーより会場限定CD「Torch.2」が販売される。

真空ホロウ「真空パックvol.10」
2016年2月25日 WWW セットリスト

01. 闇に踊れ
02. カラクロメイロ
03. シンデレラコンプレックス
04. 虹
05. マイ・バスティーユ
06. ゲシュタルト
07. ひかりのうた
08. Tokyo Blue bug
09. 陽炎
10. ドリップ
11. ホラーガールサーカス
12. バタフライスクールエフェクト
13. アナフィラキシーショック
14. MAGIC
<アンコール>
15. 最果て
16. 執着地点
17. 炸裂メインストリーム
18. サクラ・テンダー

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】