音楽ナタリー

BIGMAMA&チュート、ブルエン&エビ中コラボも!「徳ダネ福キタル」ライブ大盛況

821

「uP!!! presents MUSIC SHOWER チュートリアルの徳ダネ福キタル♪ SPECIAL LIVE Vol.2」アンコールの様子。(撮影:釘野孝宏)

「uP!!! presents MUSIC SHOWER チュートリアルの徳ダネ福キタル♪ SPECIAL LIVE Vol.2」アンコールの様子。(撮影:釘野孝宏)

2月20日に東京・豊洲PITにて、スペースシャワーTVにて放送中のチュートリアルがMCを務めるレギュラー番組「uP!!! presents MUSIC SHOWER チュートリアルの徳ダネ福キタル♪」のライブイベントが開催された。

昨年に続いて2回目の開催となる今回のイベントには、go!go!vanillas私立恵比寿中学BIGMAMABLUE ENCOUNTLiSAのほか、チュートリアルの徳井義実が率いるバンド・鴬谷フィルハーモニーが出演した。チュートリアルの2人とニコルによるオープニングトークを経てBLUE ENCOUNTがトップバッターとしてステージへ。田邊駿一(Vo, G)の「はーじまるよー!」という威勢のいい挨拶で幕を開けた彼らのライブでは、チュートリアルの大ファンという田邊が「LIVER」の演奏中に徳井を呼び込み、一緒にダンスをする一幕もあった。

鴬谷フィルハーモニーは、さわやかなサウンドと下ネタ満載の歌詞が印象的な「夏月」や「付き合う気はないけど」で観客を苦笑いさせるも、フロントマンの徳井は「MCの権力を使って出させていただいています!」と開き直る。ラストを飾った東京オリンピック非公認応援ソング「赤いまんまる」では、私立恵比寿中学の真山りか、松野莉奈、小林歌穂、中山莉子をダンサーとして迎えてパフォーマンスするなど、奔放なライブを繰り広げていた。

go!go!vanillasは登場するなり、ランウェイに駆け出し満員のフロアに向かってアピール。彼らは「エマ」「カウンターアクション」などダンサブルで陽気なロックチューンを奏で、オーディエンスを楽しませる。続く私立恵比寿中学は「大人はわかってくれない」を皮切りに、「ハイタテキ!」「金八DANCE MUSIC」「未確認中学生X」とハイボルテージなナンバーを連投。ラストはミディアムテンポのウインターソング「フユコイ」で空気を一変させてステージをあとにした。また直後の転換時間ではブルエンが再登場し、エビ中の安本彩花、廣田あいか、星名美怜をボーカルに迎えて「SMILE」をセッション。チュートリアルとニコルも演奏に加わり、観客はにぎやかな共演を大いに楽しんだ。

LiSAは「最高に楽しんでいきましょう!」という言葉でライブの口火を切ると激しく動き回りながら、アッパーチューンを次々と歌い上げていく。ランウェイで披露した「シルシ」では、エモーショナルな歌声でオーディエンスを圧倒していた。イベントのトリを飾ったBIGMAMAは、序盤は「荒狂曲“シンセカイ”」「Swan Song」といったクラシックの名曲とロックサウンドを融合させたナンバーで、会場の熱気を引き上げていく。さらに金井政人(Vo, G)は「責任を持って、皆さんを気持ちよーく、ぐっすり眠れるようにしますので!」という言葉から「Sweet Dreams」につなげ、会場を酔わせる一幕もあった。その後のアンコールでは、金井の呼び込みでチュートリアルとニコルがステージに現れ、BIGMAMAと「until the blouse is buttoned up」をセッションしてイベントを締めくくった。

なおイベントの模様は3月30日(水)22:00より1時間半にわたってスペースシャワーTVで放送される。

スペースシャワーTV「uP!!! presents MUSIC SHOWER チュートリアルの徳ダネ福キタル♪ SPECIAL LIVE Vol.2」

2016年3月30日(水)22:00~23:30
※4月リピート放送あり

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【ナタリーストア】