音楽ナタリー

the coopeezが映画館で完全着席型ワンマン「自由に鑑賞してください」

168

the coopeez

the coopeez

the coopeezが5月21日に京都府の映画館・京都みなみ会館でワンマンライブ「the coopeez 完全着席型ワンマンライブ『キネマBANPAKU』」を開催する。

彼らが映画館でライブを行うのは今回が初めて。来場者は映画館の椅子に座り、じっくりとライブを楽しむことができる。藤本浩史(Vo, G)は今回の企画について「自分だけに用意された席で、じっくりとライブを楽しんでみてください。映画館同様、売店で買ったドリンクや食べ物を食べながら、時には演奏中そっと隣の彼女と手をつなぎながら。自由に鑑賞してください」とコメントしている。YouTubeではライブに向けたメンバーのメッセージ動画を公開中。

「キネマBANPAKU」の特設ページでは、2月29日までチケットの先行販売が実施されている。このチケットを購入すると、特典としてメンバーのサイン入りポスターと、2005年に制作されたthe coopeezのデモ音源の復刻版が手に入る。

藤本浩史(Vo, G)コメント

こんにちは、the coopeezの藤本です。

この度、the coopeezは京都の映画館、京都みなみ会館にて、完全着席型ワンマンライブ「キネマBANPAKU」を開催します。

着席型と言っても、アコースティック形式とかではありません。
ライブハウスでやる時と変わらない編成、音量でやります。

普段、皆さんはどうやって音楽と接していますか?

部屋の中や移動中に音楽を聴く時、そこには誰にも介入されない聴きたい音楽と自分だけのパーソナルな世界があります。
その一方で、生の演奏やライブ会場で音楽を聴く時、そこには生でしか味わえない、臨場感や感動があります。

そんな音源とライブの間、もしくはそのどちらも兼ね備えた表現が出来ないか?と考えた時に、今回のイベントのアイデアが浮かびました。

自分だけに用意された席で、じっくりとライブを楽しんでみてください。
映画館同様、売店で買ったドリンクや食べ物を食べながら、時には演奏中そっと隣の彼女と手をつなぎながら。自由に鑑賞してください。

スタンディングのライブも最高、部屋で一人っきりの音楽鑑賞も最高。
全てを肯定する、たまにはこういうライブの楽しみ方があっても良いと思いません?

ロックバンドが映画館で待ってます。


藤本浩史

the coopeez「the coopeez 完全着席型ワンマンライブ『キネマBANPAKU』」

2016年5月21日(土)京都府 京都みなみ会館

音楽ナタリーをフォロー