音楽ナタリー

星空に虹架けたWEAVERプラネタリウムライブ、「天体観測」カバーも

681

WEAVER「Rainbow Lounge」の様子。(撮影:増田慶)

WEAVER「Rainbow Lounge」の様子。(撮影:増田慶)

WEAVERが昨日2月11日に神奈川・はまぎん こども宇宙科学館 宇宙劇場にてプラネタリウムライブ「Rainbow Lounge」を開催した。

「Rainbow Lounge」は前日の2月10日に約3年ぶりにリリースされた新作オリジナルアルバム「Night Rainbow」の発売を記念し、無料招待制で行われたもの。この模様はLINE LIVEで生配信され、会場の観客のみならず多くのファンがWEAVER初となるプラネタリウムライブを見届けた。

杉本雄治(Vo, Piano)、奥野翔太(B)、河邉徹(Dr)は新作の収録曲「Welcome!」を1曲目に届け、3声のハーモニーとやわらかなバンドサウンドを観客に届ける。2曲目「僕らの永遠~何度生まれ変わっても、手を繋ぎたいだけの愛だから~(JAZZ. ver)」からはドームいっぱいに投影された満点の星空が、3人の温かみのある演奏を美しく彩った。またライブ中盤には杉本が「今日はせっかくのプラネタリウムライブなので、昔1回だけカバーで披露したことのあるこの曲を」と話してからBUMP OF CHICKEN「天体観測」をカバー。さらに彼らは間髪入れずに人気曲「Shine」へとつないでファンを歓喜させた。ラストに披露されたのは、「Night Rainbow」に収録されているダンスチューン「KOKO」。メンバーの頭上では星空に虹がかかり、幻想的な光景が広がった。

ライブ後にはメンバーが新作についてコメント。ここでは「Night Rainbow」がライブをイメージして制作された楽曲群で構成されていることや、これまでの作品以上の自信作であることなどが語られた。このほか杉本は「新曲を届けられる場所があるのは幸せなこと。4月から始まるツアーでは新曲もたくさんやるので自由に楽しんでほしい」と述べ、来たる全国ツアー「Draw a Night Rainbow」への期待感を煽った。

なお今回のプラネタリウムライブの模様は後日スペースシャワーTVにてオンエアされる予定。さらにWEAVERは本日2月12日(金)12:00よりLINE LIVEのトーク番組「さしめし」に出演し、ハリセンボンの近藤春菜と対談する。

WEAVER「Rainbow Lounge」
2016年2月11日 はまぎん こども宇宙科学館 宇宙劇場 セットリスト

01. Welcome!
02. 僕らの永遠~何度生まれ変わっても、手を繋ぎたいだけの愛だから~(JAZZ. ver)
03. Beloved
04. 天体観測(BUMP OF CHICKENカバー)
05. Shine
06. くちづけDiamond
07. KOKO

LINE LIVE「さしめし」

配信日時:2016年2月12日(金)12:00~

WEAVER 11th TOUR 2016「Draw a Night Rainbow」

2016年4月9日(土)大阪府 オリックス劇場
2016年4月10日(日)愛知県 日本特殊陶業市民会館ビレッジホール
2016年4月16日(土)香川県 香川県民ホール アルファあなぶきホール 小ホール
2016年4月17日(日)静岡県 グランシップ静岡 中ホール・大地
2016年4月29日(金・祝)福岡県 福岡国際会議場メインホール
2016年4月30日(土)広島県 JMSアステールプラザ 中ホール
2016年5月2日(月)宮城県 若林区文化センター
2016年5月4日(水・祝)北海道 札幌サンプラザ
2016年5月6日(金)東京都 NHKホール

音楽ナタリーをフォロー