音楽ナタリー

有村架純主演の月9「いつ恋」とリンク、手嶌葵の新MV公開

599

手嶌葵「明日への手紙」ミュージックビデオのワンシーン。

手嶌葵「明日への手紙」ミュージックビデオのワンシーン。

手嶌葵「明日への手紙」のミュージックビデオがYouTubeとGYAO!で公開された。

「明日への手紙」はフジテレビ系月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の主題歌としてオンエアされている楽曲で、2月10日にシングルとしてリリースされる。MVはドラマのプロデューサー・村瀬健が手がけたもので、有村架純がドラマで演じる杉原音のアナザーストーリーが描かれている。動画ではドラマ冒頭で放送された北海道へ引き取られる前夜の音の様子と、その様子を回想する大人になった音の姿を観ることができる。手紙や“都会に咲く花”などもちりばめられた、ドラマとリンクした映像に仕上げられている。

このMVについて村瀬プロデューサーは「『未来の自分に宛てた手紙』という楽曲のコンセプトと、『地方から出てきて東京で必死にがんばる若者たち』というドラマのコンセプトが見事に合わさった素晴らしいミュージックビデオになったと思っています」とコメント。有村は「音の記憶で出来ていて、懐かしさや、儚さや、切なさ、優しさがたくさん感じられる内容です」「観た方はきっと心の中で何かが溶けていくような、そんな感覚に触れられるのではないかなと思います」と感想を述べている。

※記事初出時、見出しおよび本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

有村架純 コメント

明日への手紙のMVのストーリーは音の記憶で出来ていて、
懐かしさや、儚さや、切なさ、優しさがたくさん感じられる内容です。
手嶌葵さんの、聴いた人の心を優しくしてくれる歌声と、
MVの沢山の気持ちを与えてくれるストーリーで、
観た方はきっと心の中で何かが溶けていくような、
そんな感覚に触れられるのではないかなと思います。
観終わった後、記憶の中の幼き日の音を力一杯抱き締めたくなると思います。

村瀬健プロデューサー コメント

手嶌葵さんの歌う「明日への手紙」を主題歌にすると決めたときから、ミュージックビデオやCDジャケットもすべてドラマと同じ世界観で作れたら最高に幸せだと思っていました。今回、多くの方の賛同とご尽力のおかげでそれが実現したことを心から嬉しく思います。「未来の自分に宛てた手紙」という楽曲のコンセプトと、「地方から出てきて東京で必死にがんばる若者たち」というドラマのコンセプトが見事に合わさった素晴らしいミュージックビデオになったと思っています。一人ぼっちだった過去の自分を見つめる現在の音を演じる有村架純さんの優しい表情は、ドラマ本編で音を演じてきたからこそ見せられる「特別な表情」でした。撮影の際には、ドラマで音の芝居を見慣れているはずの僕が思わず泣いてしまったくらいです。同じ音ではあるのだけどドラマとは微妙に違う、アナザーストーリーならではの表情を、有村さんが見事に表現してくれています。このミュージックビデオでしか見られない、“もう一人の音”にご注目頂きたいと思います。

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【プロモーションプランナー】