音楽ナタリー

Cream n' Chrome初ワンマンで目標宣言「スチームパンクと言えば私たちになる」

70

イベント後に撮影された記念写真。(写真提供:ラインズアート)

イベント後に撮影された記念写真。(写真提供:ラインズアート)

12月にデビューシングル「all my wishes」をリリースしたCream n' Chromeが、これを記念して初のワンマンイベントを1月30日に東京・表参道GROUNDで開催した。このイベントは、シングルCDに封入されていたQRコードを使って応募した人が招待されるというもの。メンバー3人はライブを中心に約1時間半にわたるステージを繰り広げた。

イベントがスタートすると、初めてのダンスレッスン、デビューシングルのジャケットやMVの撮影、さまざまな媒体でのプロモーション、各地でのインストアイベントの様子など、Cream n' Chromeの結成から現在までの映像を上映。その後スチームパンク風の衣装を着た3人が登場し、デビュー曲「all my wishes ~negai~」と、この日初披露となったStarving Trancerのカバー「Forever Lovers」を連続で歌った。彼女たちは衣装のコルセットがきついので激しく動くと呼吸が苦しいと言いつつ、長い手足を伸ばして舞うようにダンスを披露した。

メンバーはここで一旦退場し、デビューシングルのカップリング曲「Light of the Universe」のMVをスクリーンで初めて公開。同MVで使われている衣装に着替えて再びステージに現れた3人は、今春2枚目のシングル「Destination」をリリースすることを発表し、さっそく表題曲を初披露した。“目的地”を意味するタイトルのこの曲は蝶々Pが制作。ダンサブルな「all my wishes ~negai~」とは違った、ジャジーなピアノが印象的なクールかつ優しい楽曲で、歌が終わると会場から「カッコいい」という声が上がった。

その後ステージでは、メンバーが提案した「本物は誰だ!!」と題した企画がスタートした。これは事前にメンバーがさまざまな質問に答え、その回答を発表して誰の発言なのか観客に当ててもらうというゲーム。メンバーは全員その回答を自分が答えたかのように振る舞ってトークし、観客はヒントを得るためにさらにメンバーに質門をしていく。ゲームで観客と楽しんで会場をなごやかな雰囲気にしたメンバーは、イベントを締めくくるべく「Light of the Universe」と、Xceon feat. Mayumi Morinagaのカバー「灼熱のユートピア」をパフォーマンス。ワンマンイベントを行った感想として、橋本ちえみは「今後もどんどんワンマンイベントをやって、もっと私たちを知ってくれる人が増えて、もっと熱いライブができるように2016年がんばりたいと思います」、寺田真珠は「『スチームパンクと言えばCream n' Chrome』になるようにしたいので、これからもあたたかく見守っていてください」、結川凜来は「デビューから半年でこんな素敵なところでワンマンイベントをさせていただいて、本当に皆さんには感謝しかありません」とそれぞれコメントした。

普段はスチームパンクの世界観を大切にしたビジュアルで活動する彼女たちだが、アンコールでは「これがやってみたかったんです」と言いつつ、メンバーはオフィシャルグッズのTシャツを着てラフな雰囲気で登場。「all my wishes ~negai~」を再び歌い、ハンドクラップでオーディエンスを煽ったりと、かっちりと決めた通常のパフォーマンスとは違ったパフォーマンスを繰り広げた。橋本は「もっとライブをやっていたいけど、同じ曲の繰り返しになっちゃうから(笑)」と言って名残惜しげなファンをなだめ、彼女たちは最後に2度目の「Light of the Universe」を披露。拍手に包まれながら初のワンマンイベントを終えた。

Cream n' Chrome「デビューシングル『all my wishes』リリースイベント」2016年1月30日 東京都 表参道GROUND セットリスト

01. all my wishes ~negai~
02. Forever Lovers
03. Destination
04. Light of the Universe
05. 灼熱のユートピア
<アンコール>
06. all my wishes ~negai~
07. Light of the Universe

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】