音楽ナタリー

本日公開NMB48映画、香港国際映画祭に出品「国境を越えて観てほしい」

181

映画「道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48」初日舞台挨拶の様子。

映画「道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48」初日舞台挨拶の様子。

NMB48のドキュメンタリー映画「道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48」が、香港で行われる映画祭「第40回 香港国際映画祭」に出品されることが明らかになった。

これは本日1月29日に東京・TOHOシネマズ 日本橋で実施された同映画の公開初日舞台挨拶にて発表されたもの。山本彩や渡辺美優紀、白間美瑠といったメンバーが撮影を振り返るトークを展開していると、突然サプライズとして映画祭への出品がアナウンスされ、メンバーやファンを驚かせた。ファンから祝福の拍手と歓声が送られる中、山本は「自分たちにとって初めてのドキュメンタリー映画なのにすごく光栄です。香港のファンの方は握手会で日本に足を運んでくれたりしているので、国境を越えて皆さんに観てほしいです」と、その喜びを口にした。

「道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48」は、香港国際映画祭の「I See it My Way部門」に出品される。なおAKB48グループのドキュメンタリー映画が海外の映画祭に出品されるのは今作が初となる。

音楽ナタリーをフォロー