音楽ナタリー

HKT48の映画公開、指原監督「選抜会議にカメラを入れた」

324

映画「尾崎支配人が泣いた夜DOCUMENTARY of HKT48」舞台挨拶の様子。

映画「尾崎支配人が泣いた夜DOCUMENTARY of HKT48」舞台挨拶の様子。

本日1月29日に東京・TOHOシネマズ 日本橋にて映画「尾崎支配人が泣いた夜DOCUMENTARY of HKT48」の公開初日舞台挨拶が行われた。

映画の上映が終わると、壇上にはHKT48より指原莉乃、上野遥、兒玉遥、坂口理子、田島芽瑠、田中美久、朝長美桜、宮脇咲良、矢吹奈子の9人が登場。今作で映画初監督に挑戦した指原は「秋元(康)さんに『マイケル・ムーア監督の作品を観ろ』とアドバイスをいただいて、やっと納得のいく映画を作ることができました。それとHKT48の選抜メンバーを決める選抜会議にカメラだけを入れさせてもらったんです。この交渉が非常に大変でした」と制作の裏側を語る。宮脇咲良は「指原さんが夜遅くに自宅で映画の編集をしているシーンがあるんですけど、私たちの見えないところで映画監督としてがんばっているところを観てビックリした」と感想を話した。

また「劇場公演以外の仕事がひさしぶり」と話す上野は、今作で自身がフィーチャーされていることについて「どんなにつらいことがあっても悔しいことがあっても、毎日努力していれば、見ていてくれる人がいるんだなって思いました」と涙ぐみながらコメント。指原は上野の映画での活躍を称え、「映画のタイトルに『上野』って入るところだった」と笑いながら話していた。

舞台挨拶の最後には山本彩、渡辺美優紀をはじめとしたNMB48のメンバーも登場。彼女たちはHKT48の映画と同じく本日1月29日に公開された映画「道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48」をオーディエンスに向けて告知した。さらに彼女たちは壇上に用意されたくす玉をHKT48のメンバーとともに割り、両映画のヒット祈願をした。

音楽ナタリーをフォロー