音楽ナタリー

AKB48「リクアワ」同期の卒業発表に秋元才加も駆けつけ

179

左から小林香菜、秋元才加、高橋みなみ。(c)AKS

左から小林香菜、秋元才加、高橋みなみ。(c)AKS

昨日1月17日に東京・TOKYO DOME CITY HALLにてAKB48のライブイベント「AKB48単独リクエストアワー セットリストベスト100 2016」2日目の公演が実施された。

今年の「リクエストアワー」では、AKB48単独とAKB48グループ全体の楽曲に分けてファン投票を実施。2日目となる昨日は、昼と夜の2公演にわたって60位から21位までのAKB48の楽曲が発表された。

昼公演は先日成人式に出席したメンバー・伊豆田莉奈(チーム4)がセンターを務める「Reborn」から幕開け。成人式で今後のブレイクを宣言したとおり、勢いのあるパフォーマンスで会場を盛り上げた。53位「愛と悲しみの時差」では山本彩(チームK、NMB48チームN)がソロで堂々と同曲を歌い上げてオーディエンスを魅了。51位「背中言葉」では高橋みなみ(チームA)が横山由依(チームA)らと登場し、涙を流しながら同曲を歌唱して感動的なムードに。しかし高橋は49位「純愛クレッシェンド」の際に、靴が脱げてしまったため出番に遅れるというアクシデントに見舞われ、ともに同曲の歌唱を担当した峯岸みなみ(チームK)から「しっかりして!」と叱られるワンシーンもあった。

夜公演では昨年の「リクアワ」上位曲や、人気のシングル曲が多数ランクインするという波乱の展開に。昨年1位に輝いた「鈴懸の木の道で『君の微笑みを夢に見る』と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの」は38位。続いて37位「僕たちは戦わない」、36位「Green Flash」が披露されると、人気曲の意外な順位に驚くファンの声が上がっていた。また26位「くるくるぱー」のパフォーマンス後には小林香菜(チームB)が、今年をもってグループを卒業する旨をファンに報告した。彼女が「私にできることをやっていこうと思います」と今後について話すと、ファンからは大きな拍手が送られた。

アンコールでは、昨年行われた「AKB48グループ じゃんけん大会 2015」で優勝した藤田奈那(チームK)がソロシングル曲「右足エビデンス」を歌唱。バックダンサーを従え、キレのあるダンスを披露してフロアを沸かせた。また夜公演最後の「唇にBe My Baby」歌唱時には、小林が同じ2期生であり卒業生の秋元才加と登場。メンバーの計らいもあり、小林は高橋とともにセンターで同曲を熱唱し、2日目の公演をフィナーレに導いた。

AKB48「AKB48単独リクエストアワー セットリストベスト100 2016」
2016年1月17日 TOKYO DOME CITY HALL 昼公演 セットリスト

60位 Reborn
59位 ここがロドスだ、ここで跳べ!
58位 夢を死なせるわけにいかない
57位 抱きしめちゃいけない
56位 性格が悪い女の子
55位 セーラーゾンビ
54位 制服の羽根
53位 愛と悲しみの時差
52位 幼稚園の先生
51位 背中言葉
50位 上からマリコ
49位 純愛のクレッシェンド
48位 初日
47位 君だけが秋めいていた
46位 走れ!ペンギン
45位 盗まれた唇
44位 ハートの脱出ゲーム
43位 てもでもの涙
42位 Choose me!
41位 君だけにChu!Chu!Chu!
<アンコール>
01. 右足エビデンス
02. 365日の紙飛行機
03. 唇にBe My Baby

AKB48「AKB48単独リクエストアワー セットリストベスト100 2016」
2016年1月17日 TOKYO DOME CITY HALL 夜公演 セットリスト

40位 Tiny T-shirt
39位 嵐の夜には
38位 鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの
37位 僕たちは戦わない
36位 Green Flash
35位 LOVE修行
34位 Show fight!
33位 ロマンスかくれんぼ
32位 ハステとワステ
31位 君にウェディングドレスを...
30位 泣きながら微笑んで
29位 カフカとでんでんむChu!
28位 彼女
27位 快速と動体視力
26位 くるくるぱー
25位 希望的リフレイン
24位 愛しさのアクセル
23位 水の中の伝導率
22位 恋するフォーチュンクッキー
21位 清純フィロソフィー
<アンコール>
01. 右足エビデンス
02. 365日の紙飛行機
03. 唇にBe My Baby

音楽ナタリーをフォロー