音楽ナタリー

pianaの3枚組編集盤にweg、COM.A、Joseph Nothingらのリミックス収録

109

piana

piana

pianaがCD3枚組の編集盤「piana Works Collection - Snow Bird / Ephemeral / Remixes」を本日1月14日にリリースした。

この作品は、2003年に発売された1stアルバム「Snow Bird」、2005年に発売された2ndアルバム「Ephemeral」という現在廃盤になっている2枚のアルバムをまとめ、さらにリミックスアルバムを追加したもの。「Snow Bird」「Ephemeral」の2枚はいずれもKASHIWA Daisukeがリマスタリングを手がけている。

「Snow Bird」と「Ephemeral」は、すべてpiana自身の手で時間をかけて丁寧に作り上げられた、女性ならではの優しく温かみのあるハンドメイドな音作りが印象的な作品。リミックス盤にはworld's end girlfriend、Keiichi Sugimoto、Joseph Nothing、COM.A、KASHIWA Daisukeの5人が制作した10トラックのリミックスが収められる。

piana「piana Works Collection - Snow Bird / Ephemeral / Remixes」収録曲

DISC 1「Snow Bird」

01. 20 Years Ago
02. Butterfly
03. Snow Bird
04. Spring Has Come!!!
05. Winter Sleep
06. Hide And Seek
07. Voice
08. Monster
09. April
10. Blue Bell
11. After 20 Years

DISC 2「Ephemeral」

01. Something Is Lost
02. Early in Summer
03. Beside Me
04. Color of Breeze
05. Little Girl Poems
06. Muse
07. Mother's Love
08. Moon And Cello
09. Beginning

DISC 3「Remixes」

01. Little Girl Poems / KASHIWA Daisuke
02. In Silence / world’s end girlfriend
03. Snow Bird / FilFla
04. Early in Summer part 02 / Joseph Notihng
05. Mother's Love / FourColor
06. Butterfly / KASHIWA Daisuke
07. Winter Sleep / COM.A
08. April / KASHIWA Daisuke
09. Something Is Lost / KASHIWA Daisuke
10. Early in Summer part 01 / Joseph Nothing

piana コメント

このアルバムの主人公は、空想の中の幼い少女です。彼女の成長とともに繰り広げられる叙情的な物語の中で、出会いと別れを感傷的な目線で追った風景を、音と歌で描いています。音響的なサウンドと歌声とが、美しく共存している希有な作品だと感じています。

音楽ナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【音楽ナタリー】