音楽ナタリー

SPYAIR初の台湾ワンマンで18曲披露「また戻ってきます!」

1918

「SPYAIR LIVE in Taipei ~I'M A BELIEVER 2016」の様子。(Photo by Alex Hong)

「SPYAIR LIVE in Taipei ~I'M A BELIEVER 2016」の様子。(Photo by Alex Hong)

1月9日、SPYAIRの台湾での初ワンマンライブ「SPYAIR LIVE in Taipei ~I'M A BELIEVER 2016」が台北のライブハウスATT SHOW BOXにて行われた。

昨年夏には現地の野外イベント「Rock In Taichung」でトリを務めるなど、台湾でも人気上昇中の彼ら。この日のライブのチケットはソールドアウトし、現地ファンの熱狂的な歓迎の中でライブがスタートした。

冒頭、IKE(Vo)は中国語で「ようこそSPYAIRのライブへ!」と挨拶。「ファイアスターター」ではUZ(G, Programming)もラップの一部を中国語に変えて披露し、MCでもそれぞれが中国語でトークを繰り広げてファンを喜ばせた。

この日は全18曲を約2時間にわたって演奏。アンコールではハートマークのボードを掲げるファンに向け、IKEが「国も違って距離もあって、遠く離れると感じるかもしれないけど、俺らは台湾でこうして応援してくれるみんなと会ってしまったんで、これからはみんなと一緒に音楽を作って、ライブをやって行こうと思う。いつになるか分からないけど、たくさん台湾でライブやりたいです! また戻って来ます!」と再訪を約束。ラストは「SINGING」の大合唱で締めくくられた。

なお、彼らは明日1月13日にライブDVD「JUST LIKE THIS 2015」をリリース。1月16日からは全国ホールツアー「SPYAIR TOUR 2016 “4 -for-”」を開催する。

音楽ナタリーをフォロー