音楽ナタリー

BIGMAMA、TOTALFATら下北沢に集った日本一アツい新年会

939

「RX-RECORDS Presents RX-NIGHT Vol.7」終演後の集合写真。(Photo by AZUSA TAKADA)

「RX-RECORDS Presents RX-NIGHT Vol.7」終演後の集合写真。(Photo by AZUSA TAKADA)

1月11日に東京・下北沢GARDENにて、UK.PROJECT内のレーベルRX-RECORDSが主催するライブイベント「RX-RECORDS Presents RX-NIGHT Vol.7」が開催された。

レーベルの“新年会”という位置付けで、UK.PROJECTの所在する下北沢のライブハウスで行われたこのイベントにはRX-RECORDS所属のBIGMAMA、TOTALFAT、asobius、Cettia、SPiCYSOLの5組が出演。会場には大勢の観客が駆けつけ、5組による新年会を大いに楽しんだ。

トップバッターは前回の「RX-NIGHT」で同レーベルからのCDデビューを発表したSPiCYSOL。彼らは「AWAKE」でライブを始め、爽快なサウンドで会場を包み込む。KENNY(Vo, G)は「今日は日本一アツい新年会にしようぜ!」と熱く語り、“宴会部長”と称してShun(TOTALFAT)をステージへと招き入れる。イベント開始早々のゲスト登場にオーディエンスが歓喜の声を上げる中、SPiCYSOLはShunとともにTOTALFATの「Room45」をダビーなアレンジで披露。曲の途中でBunta(TOTALFAT)もステージにこっそり登場し、シェイカーを振って演奏に参加した。ShunとBuntaが去ったあと、5人は2月3日にリリースする1stシングル「Rising Sun」の表題曲をお披露目。人気曲「Around The World」を経て、フロア中でタオルが回された「PABUK」でライブを締めくくった。

今回が2度目の「RX-NIGHT」出演となるCettiaはキドポン(G)、狩野剛史(B)、ピクミン(Dr)を従えたバンド編成で登場。彼女は「ララバイグッバイ」「スピレイ」と2曲連続で披露し、疾走感のあるサウンドに乗せてパワフルな歌声を聴かせる。新年の挨拶を兼ねたMCを経て届けられたのは、2月3日発売のシングルの表題曲「月夜」。ミドルテンポの楽曲を丁寧に歌い上げ、オーディエンスを惹きつけた。バンドメンバーが立ち去り、ステージに1人となった彼女は最後に「Aster」をアコースティックギターの弾き語りで披露。力強く、エモーショナルに歌うCettiaの姿を観客たちはじっと見つめた。

asobiusは甲斐一斗(Vo)の「最高の夜にしましょう!」という呼びかけから「universurf」でライブの口火を切る。続く「window」では杉本広太(G)、高橋真作(G)、海北真(B)、石川直吉(Dr)によるダイナミックなアンサンブルと甲斐の歌声が重なり、会場に高揚感をもたらした。その後彼らは未来について歌った新曲「future」や代表曲の1つである「starlight」などを披露。5人は勢いそのままにラストの「大停電の夜に」まで駆け抜け、最後に甲斐は「僕らasobius僕らにしかできない音楽をで追い求め続けることを誓います! 今年は絶対売れてやるからついてきてください!」と力強く宣言した。

「荒狂曲“シンセカイ”」でサウンドチェックを済ませたBIGMAMAは、ステージから捌けることなくそのままライブ本編へ突入。彼らが1曲目にキラーチューン「the cookie crumbles」を投下すると、フロアは瞬く間に狂騒状態となった。金井政人(Vo, G)が「あけましておめでとう! どこよりも最高な新年会にしましょう!」と挨拶したあと、バンドは東出真緒(Violin)による叙情的なバイオリンの旋律が彩る「Paper-craft」「Sleeping Beauty ~二度寝する眠れる森の美女~」、リアド偉武(Dr)と安井英人(B)が力強く刻むパンキッシュなビートが会場を揺らした「走れエロス」と人気ナンバーを連投。観客たちは全力のモッシュやシンガロングでBIGMAMAの演奏に応え、その様子を見た東出と柿沼広也(G, Vo)は口々に「ヤバいね」と笑った。終盤では「秘密」「#DIV/0!」といったBIGMAMAのライブアンセムが立て続けに披露され、オーディエンスは大熱狂。金井が次の曲が最後だと告げると、客席から残念がる声が上がる。金井の「今年も愛し合っていきましょう。特別なあなたたち1人ひとりにこの曲を贈ります」という言葉から、バンドは新曲「SPECIALS」をエネルギッシュにプレイ。オーディエンスによる大合唱が会場を包み込む中、BIGMAMAのステージは締めくくられた。

トリを務めたのは今回が初めての「RX-NIGHT」参加となるTOTALFAT。Jose(Vo, G)が「今日は新年会だぞ! 派手にいこうじゃねえか!」とオーディエンスを挑発し、バンドは最新シングルの表題曲「宴の合図」で勢いよくライブを開始する。続く「Run to Horizon」ではBunta(Dr, Cho)が刻むサンバ調のリズムに合わせて観客たちがジャンプし、フロアが大きく揺れた。その後TOTALFATは、Kuboty(G, Cho)の高速ギターリフが炸裂しオーディエンスがジャンプしながら合唱した「Room45」、4人の男気あふれるコーラスワークが会場を満たした「X-Stream」、ポップなメロディに乗って観客が踊った「Summer Frequence」「Good bye, Good Luck」と4曲続けてプレイ。さらに彼らは沸騰したフロアに「Place to Try」を投下し、大合唱を巻き起こした。MCでShunはこの日出演したアーティストを1組ずつ自分たちとの関係性などを交えながら紹介。自分たちについては「もう俺たちはレーベルを移籍するつもりはございません! 下北沢に骨を埋めて、下北沢に墓を立てる! そんなつもりで命をかけて、魂込めて毎作品作っていくのでよろしくお願いします」とRX-RECORDSを全力で盛り上げていくことを強く誓う。ShunのMCのあと彼らはラストナンバー「This Life」を熱演し、大盛り上がりのうちにライブ本編を終了させた。

アンコールでTOTALFATはゲストを迎えて2曲演奏。東出を迎えた「夏のトカゲ」では、東出のバイオリンとKubotyのギターによるアンサンブルでオーディエンスを熱狂させる。パーティチューン「PARTY PARTY」では金井もステージに登場し、フロアはこの日一番の盛り上がりに。そしてShunの「ありがとうございました! RX-RECORDSでした!」という声をもって新年会の幕が降ろされた。

また2月には「RX-NIGHT」に出演したasobius、Cettia、SPiCYSOLの3組で東名阪を回るスプリットツアー「蒼い三連星」が開催される。このツアーのチケットは各プレイガイドにて販売中。

RX-RECORDS Presents RX-NIGHT Vol.7
2016年1月11日 下北沢GARDEN セットリスト

SPiCYSOL

01. AWAKE
02. Room45 with Shun(TOTALFAT)
03. Rising Sun
04. Around The World
05. PABUK

Cettia

01. ララバイグッバイ
02. スピレイ
03. 月夜
04. さよなら少年
05. Aster

asobius

01. universurf
02. window
03. love of blue
04. future
05. starlight
06. 大停電の夜に

BIGMAMA

01. the cookie crumbles
02. Paper-craft
03. Sleeping Beauty ~二度寝する眠れる森の美女~
04. 走れエロス
05. 『それはきっと天使が長く勤まらない理由』
06. 秘密
07. #DIV/0!
08. SPECIALS

TOTALFAT

01. 宴の合図
02. Run to Horizon
03. Walls
04. Room45~X-Stream~Summer Frequence~Good bye, Good Luck
05. Place to Try
06. This Life
<アンコール>
07. 夏のトカゲ with東出真緒(BIGMAMA)
08. PARTY PARTY with金井政人(BIGMAMA)

RX-RECORDS presents「蒼い三連星」

第1話 庭園とニュータイプ

2016年2月19日(金)東京都 下北沢GARDEN

第2話 高架下の戦い

2016年2月27日(土)大阪府 LIVE SQUARE 2nd LINE

第3話 決戦エ・ルサイ・ズー

2016年2月28日(日)愛知県 ell.SIZE

<出演者>
asobius / Cettia / SPiCYSOL
料金:前売2500円 / 当日3000円(いずれもドリンク代別)

音楽ナタリーをフォロー