音楽ナタリー

THE ORAL CIGARETTES、DiverCityリベンジ達成で“攻めの2016年”幕開け

2935

山中拓也(Vo, G)(Photo by Viola Kam [V'z Twinkle])

山中拓也(Vo, G)(Photo by Viola Kam [V'z Twinkle])

THE ORAL CIGARETTESが昨日1月4日に東京・Zepp DiverCity TOKYOにてワンマンライブ「唇リベンジワンマン~復活・返上・BKW!!の巻~」を開催した。

この公演は山中拓也(Vo, G)の体調不良により、ライブ内容の変更を余儀なくされた2015年7月14日のZepp DiverCity TOKYO公演のリベンジとして実施されたもの。2016年1発目のライブで彼らは昨年7月に披露できなかったアコースティックセッションなどを織り交ぜた第1部と、本日1月5日にリリース日を迎えた2ndアルバム「FIXION」の収録曲からなるセットリストの第2部という2部構成で、満員のオーディエンスにアンコールを含めて全24曲を届けた。

開演時間になると、ステージ後方のスクリーンに昨年7月のワンマンライブの模様や、山中が楽屋で倒れている様子などが投影され、これから始まるライブがその雪辱を果たすべく行われるものであることが紹介された。その後山中、鈴木重伸(G)、あきらかにあきら(B, Cho)、中西雅哉(Dr)がステージに登場し、4人は1曲目「GET BACK」で勢いよくライブの口火を切った。

彼らは続く「モンスターエフェクト」でヘッドバンギングを見せるなどライブ序盤から躍動感あふれるパフォーマンスで観客の興奮を誘う。フロアから沸く歓声を浴びながら山中は「かかってこい!」とさらに煽り立てた。ファンからの「おかえりー!」という言葉を受け止めつつ、「今日は集まってくれてホンマにありがとう」と感謝の思いを口にした山中。声帯ポリープの摘出手術を行ったため昨年9月下旬から約2カ月間ライブ活動を休止していたが、無事に回復したことを改めてファンに報告した。

バンドはメンバーのソロ回しを加えたアレンジで「踊り狂う人形」を届けたあと、うねるようなリズム隊の演奏と、キレのあるギターカッティング、そして山中の怒気を含んだような歌声が交わるロックチューン「嫌い」や、雨音のSEから始まるバラード「透明な雨宿り」とバンドの幅広い音楽性を示すかのようなライブを展開していく。その後真っ赤な照明に包まれた場内にサイレンの音が響き渡り、影アナでこれから“キラーチューン祭り”が始まることがアナウンスされた。その予告通りバンドは「STARGET」「mist...」「カンタンナコト」と人気のアッパーチューンを連投。「mist...」の曲中には観客の大合唱を聞いた山中が「170点あげるわ!」と笑顔を見せるなど、ステージとフロアのかけ合いでもファンを楽しませた。

その後バンドは「机上の空論に意味を為す」「出会い街」をアコースティックバージョンで披露した。MCでは鈴木がマイクを握り、「僕らの暦ではまだ2015年を締めくくれていないんです」と発言。この日のライブが成功して初めて新年を迎えられる気持ちでいることを明かした。アコースティックセッションのあと、ライブは中西のトークからドラムソロへと展開し、第1部はいよいよ佳境へ。彼らは「大魔王参上」「Mr.ファントム」「起死回生STORY」と2012年から2014年までに発表したライブの鉄板曲とも言えるアッパーチューンを立て続けに投下。山中の両サイドを固めるあきらかにあきらと鈴木が演奏中に何度も回転するといった楽しげなステージングを見せていた。そして第1部のラストにバンドは2015年4月にシングルリリースした疾走感のあるラブソング「エイミー」を届け、さわやかな余韻を残してステージを去った。

第2部の冒頭、スクリーンに「リベンジ終結。しかしまだこれでは終わらない。さらに進化した4人の新たな歴史が今始まる」という文字が投影された。その後ステージに再びメンバーが姿を現し、山中が「THE ORAL CIGARETTES、2016年の快進撃を始めたいと思います!」と高らかに宣言。多数のレーザーが空間を彩る中で「狂乱 Hey Kids!!」が届けられた。

続けて「攻めっ攻めのオーラルを堪能していって、よろしく!」と山中がファンに伝えたあと、4人はその言葉通り、新作より骨太なバンドサウンドが印象的な「MIRROR」、力強い歌声で観客を引き寄せるエモーショナルな「STAY ONE」と攻めの姿勢を示すかのような新曲を続けて演奏。山中は「オーラル結成から5年、昔『関西で一緒にやってこうな』って話してたKANA-BOONとキュウソ(ネコカミ)は先に売れ、僕らよりあとにデビューしたフォーリミ(04 Limited Sazabys)とかWANIMAには追い抜かれちゃいそうな雰囲気で」と語り始める。そして「でも僕らはお客さんとの濃い関係を大切にしてきたから、ゆっくりでもいいかなって思って地べたを這いつくばってやってきた結果が今日のこのフロアだと思ってます。こんな幸せな空間はオーラルにしか作れないから、このやり方でよかった。ありがとうございます」とファンに感謝を述べ、「2016年のロックシーンに、カッコいいお前らと一緒に切り込んでいこう」と熱弁を振るい、「気づけよBaby」へとつないだ。

第2部の最後に彼らが演奏したのは「Everything」。この曲は山中曰く7月のライブでのつらい体験がなかったら生まれなかったというもので、彼は慈愛に満ちた歌詞を丁寧に歌い届けた。アンコールでは中西によるグッズ紹介のあと、バンドは心躍らせるようなロックンロールサウンドに切なげな歌詞を乗せたナンバー「LIPS」を披露。ファンへの感謝をたっぷりと伝えた彼らのリベンジワンマンは2016年のさらなる飛躍の可能性を存分にアピールする形で幕を下ろした。

なおTHE ORAL CIGARETTESは明日1月6日から9日までに大阪、東京、愛知のタワーレコードにて「FIXION」のインストアイベントを実施。さらに2~3月に対バンツアー、4月にはワンマンツアーの開催を控えている。

THE ORAL CIGARETTES「唇リベンジワンマン~復活・返上・BKW!!の巻~」
2016年1月4日 Zepp DiverCity TOKYO セットリスト

第1部

01. GET BACK
02. モンスターエフェクト
03. ハロウィンの余韻
04. N.I.R.A
05. 踊り狂う人形
06. 嫌い
07. 透明な雨宿り
08. STARGET
09. mist...
10. カンタンナコト
11. 机上の空論に意味を為す(アコースティックver.)
12. 出会い街(アコースティックver.)
13. 32歳童顔
14. 大魔王参上
15. Mr.ファントム
16. 起死回生STORY
17. エイミー

第2部

01. 狂乱 Hey Kids!!
02. MIRROR
03. STAY ONE
04. 気づけよBaby
05. A-E-U-I
06. Everything
<アンコール>
07. LIPS

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】