音楽ナタリー

さユり、新曲はアニメ「僕街」エンディング曲

2004

さユりの新曲(タイトル未定)が1月から放送されるテレビアニメ「僕だけがいない街」のエンディングテーマに採用される。

「僕だけがいない街」は三部けいのマンガを原作に持つテレビアニメ。1月7日(木)深夜からフジテレビ「ノイタミナ」枠ほかでオンエアされる。さユりは7~9月に放送されていた「乱歩奇譚 Game of Laplace」にエンディングテーマ「ミカヅキ」を提供しており、「ノイタミナ」アニメのテーマソングを手がけるのは今回が2回目となる。この曲について彼女は「私の声とこの歌が、『僕街』アニメをより皆さんの中へ、奥へと届かせるものであることを祈って」とコメントしている。

さユり コメント

アニメ「僕だけがいない街」のエンディング・テーマを歌わせていただけることが、本当に嬉しいです。
原作を読んだ時、一瞬で心が惹きつけられました。
そして自分と重なる部分がありました。それは「あの時こうしていれば」という過去への未練です。
後悔しながらも自分を変えようと、大事なものを守ろうと藻掻く主人公に胸を打たれ、おこがましくも私の為にある漫画ではないのかと思う程でした。
悟が再上映で未来へ踏み出すように、私が前に進む為の手段は歌うことです。
私の声とこの歌が、「僕街」アニメをより皆さんの中へ、奥へと届かせるものであることを祈って。

音楽ナタリーをフォロー