音楽ナタリー

金木和也、クボケンジプロデュースの新作「最終兵器」

388

金木和也が2016年2月3日に、クボケンジ(メレンゲ)をサウンドプロデューサーに迎えた2ndミニアルバム「最終兵器」をリリースする。

金木は滋賀県出身、現在23歳のシンガーソングライター。1stミニアルバム「LUCKY」のリードトラック「ラッキー」が映画「アオハライド」の挿入歌に採用され、女子中高生を中心に人気を集めている。クボが今回サウンドプロデュースを手がけることになったきっかけは、金木が「LUCKY」でメレンゲの「タイムマシーンについて」をカバーしたことから。今作には中毒性をはらんだメロディが魅力のリードトラック「ダンシャリーナ」や女性に振り回される恋愛を軽妙なリズムに乗せて歌う「恋に恋して」など5曲が収録される。またレコーディングにはクボに加え、伊原真一、村田シゲ(CUBISMO GRAFICO FIVE、□□□)、城戸紘志(unkie)、山本健太などの面々が参加している。

金木和也「最終兵器」収録曲

01. ダンシャリーナ
02. 恋に恋して
03. やんなっちゃうな
04. 恋ならいいのに
05. 東京

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【プロモーションプランナー】