音楽ナタリー

GEM、ベルハー、乙女新党ら原宿でライブ&ファッションショー

298

GEMによるライブの様子。

GEMによるライブの様子。

アイドルの写真投稿アプリ「CHEERZ」、アパレルブランド・spinns、名古屋のカフェ&バー・Carnival☆Starsが主催する“アイドル×ファッション×原宿”をテーマにしたイベント「iCON DOLL LOUNGE」が10月12日に東京・原宿アストロホールとラフォーレミュージアム原宿の2会場で開催された。

今回で2回目の開催となる本イベントにはアキシブproject、アンドクレイジー、乙女新党神宿、椎名ぴかりん、GEM、ディア☆、drop、ななのん、PiiiiiiiN、プティパ -petit pas!-、BELLRING少女ハート、わーすた、Carnival☆Stars、ナト☆カン、HoneyBunny、パンキング隊、おやゆびプリンセスの総勢18組のアイドルグループが出演し、2会場にまたがってライブを実施。またメイン会場であるラフォーレミュージアム原宿では、ライブの合間にアイドルによるファッションショーが行われた。出演者たちはspinnsやFRUiTS、FIG&VIPER、RANDAといったブランドのアイテムに身を包み、ライブとは違った一面をステージ上で見せる。さらにファッションショーにはスペシャルゲストとして東京パフォーマンスドールの飯田桜子、小林晏夕の2人が登場し、キュートな仕草でランウェイに華を添えた。

原宿アストロホールでは、午前中からナト☆カン、HoneyBunny、おやゆびプリンセス、パンキング隊が熱いライブを実施。午後になるとまずは乙女新党とGEMによるツーマンライブが展開され、人気グループ2組のパフォーマンスによってオーディエンスは興奮状態に。最終枠ではわーすた、アンドクレイジー、dropによるスリーマンライブが行われ、タイプの異なる3組がそれぞれ濃密なライブで原宿アストロホールを大いに揺らした。

ラフォーレミュージアム原宿では開幕からわーすた、ディア☆、Carnival☆Stars、神宿、アキシブproject、drop、プティパ -petit pas!-が登場し、キラーチューンを連発してイベントを盛り上げる。後半戦ではPiiiiiiiN、ななのん、乙女新党が満員状態の会場をさらにヒートアップさせていった。中でも乙女新党は清竜人が楽曲提供した新曲「ツチノコっていると思う...?▽」(▽はハートマーク)を披露し、ツチノコをイメージした振りで会場に一体感を生んだ。そして“魔界”から原宿へと降臨した椎名ぴかりんは、お付きを従えて序盤からデスボイスでフロアを煽る。さらに椎名はフロアに乱入し、観客の背中の上を踏み歩くパフォーマンスを行って独自の世界観を示した。

続いて登場したベルハーも1曲目の「c.a.n.d.y.」からステージをところ狭しと暴れまわる。「雛鳥エスカレーション」「サーカス&恋愛相談」「Revelry!!!」で徐々にオーディエンスのテンションを上げていった彼女たちは「the Edge of Goodbye」でさらにフロアの熱気を爆発させ、場内はリフトやモッシュが繰り返されるお祭り状態に。7人はラストナンバー「夏のアッチェレランド」を届けると、トリのGEMへとバトンを渡した。

ライブパートの締めは活動休止から復帰したばかりの伊藤千咲美が加わったGEM。ライブ出演できなかった武田舞彩を除く9人で、「We're GEM!」からダンサブルなパフォーマンスを繰り広げた。新曲「Baby, Love me!」も飛び出し、会場をさながらダンスフロアに変えた9人はラストにキラーチューン「Do You Believe?」を歌い上げ、この日のイベントを大団円で締めくくった。

音楽ナタリーをフォロー