音楽ナタリー

indigo la End、新体制初ツアー「ナツヨのマジック」渋谷公会堂で終幕

302

indigo la End「ナツヨのマジック」渋谷公会堂公演の様子。(撮影:井手康郎)

indigo la End「ナツヨのマジック」渋谷公会堂公演の様子。(撮影:井手康郎)

indigo la Endが7月31日に東京・渋谷公会堂にて、ワンマンツアー「ナツヨのマジック」の千秋楽公演を開催した。

佐藤栄太郎(Dr)加入後初となる今回のツアーは5都市6会場で実施。7月1日に東京・NHKホールで行われた初日公演から1カ月後に行われた渋谷公会堂公演では、初披露の新曲を含む全18曲が届けられた。

約2000人のファンが見守る中「夏夜のマジック」のミュージックビデオを使用したオープニングムービーに続いてメンバーがステージに登場。彼らは「瞳に映らない」でライブを開始し、さらに「夜汽車は走る」「ダビングシーン」「さよならベル」とシングル表題曲やアルバムのリードトラックを続けて披露していった。

その後バンドは川谷絵音(Vo, G)とサポートメンバーの佐々木みお(Cho)、服部恵津子(Cho)による美しいコーラスワークが光る「ワンダーテンダー」、後鳥亮介(B)と佐藤からなるリズム隊が繰り出す複雑なビートが絡み合う「渇き」、長田カーティス(G)のトリッキーなギターフレーズが印象的な「billion billion」など、タフなサウンドを届けていく。インタールード「まなざしの予感」が薄暗い場内に流れサイケデリックな映像がステージ全体に投影されると、4人は「実験前」を演奏。アグレッシブなプレイと轟音でオーディエンスを圧倒し大歓声を浴びた。

中盤では「彼女の相談」「染まるまで」「心ふたつ」とミドルテンポのナンバーが続く。川谷の伸びやかで繊細な歌声がホールいっぱいに広がり、渋谷公会堂はしっとりとした雰囲気に包まれた。その後のMCで川谷は6月に発表したシングル「悲しくなる前に」について「この4人というか、(サポートメンバーを含めた)この6人で音にこだわって作った最初の音源です。今は配信やストリーミングが普通になってきてるけど、できればCDを買って聴いてほしい」と話した。

佐藤の手数の多いドラムを軸に後鳥のうねるベースライン、川谷と長田のギターアンサンブル、川谷とサポートメンバーによる巧みなコーラスワークが重なる「悲しくなる前に」で終盤戦へと突入。彼らはステージ前方でフロントの3人がそれぞれのプレイを見せつけた「夜明けの街でサヨナラを」、代表曲「緑の少女」で会場を盛り上げ、「名もなきハッピーエンド」で本編を締めくくった。

アンコールでは9月16日にリリースされるニューシングル「雫に恋して / 忘れて花束」より、「雫に恋して」が初披露された。そして彼らは服部の奏でるピアノのイントロから、このライブのテーマ曲とも言えるAOR調のナンバー「夏夜のマジック」をパフォーマンスし、全18曲の演奏を終えた。最後に6人は一列に並んで肩を組み「ありがとうございました!」とオーディエンスにメッセージを送ってステージを去った。その後オープニングと同じく「夏夜のマジック」のMVの映像を使用したエンディングムービーが上映され、客席からの盛大な拍手に包まれながら「ナツヨのマジック」は幕引きとなった。

indigo la End「ナツヨのマジック」
2015年7月31日 渋谷公会堂 セットリスト

01. 瞳に映らない
02. 夜汽車は走る
03. ダビングシーン
04. さよならベル
05. ワンダーテンダー
06. 渇き
07. billion billion
08. 実験前
09. 彼女の相談
10. 染まるまで
11. 心ふたつ
12. 幸せな街路樹
13. 悲しくなる前に
14. 夜明けの街でサヨナラを
15. 緑の少女
16. 名もなきハッピーエンド
<アンコール>
17. 雫に恋して
18. 夏夜のマジック

音楽ナタリーをフォロー