音楽ナタリー

福山雅治、「蜜柑色の夏休み」を故郷舞台の昆虫映画に提供

1181

福山雅治

福山雅治

7月11日に公開される“3D昆虫ドキュメンタリー”映画「アリのままでいたい」の主題歌が、福山雅治の「蜜柑色の夏休み 2015」に決定した。

「蜜柑色の夏休み 2015」は2001年に発表された福山のアルバム「f」収録曲の新録バージョンで、彼が故郷長崎で過ごした幼い頃の夏休みの思い出が歌われている。今回は「アリのままでいたい」が長崎県在住の昆虫写真家・栗林慧の作品であることや、映画の主な撮影地が長崎であること、「蜜柑色の夏休み」が映画の世界観とマッチすることから主題歌として採用された。

福山は映画について、「この映画は、僕自身も子供の頃、地元長崎で蝉やクワガタやカブトムシなどをつかまえて遊んでいたことを思い出します。長崎の自然、そこで繰り広げられる生き物たちの生命の物語り。自然の厳しさと美しさを、この映画で感じていただけたら」と故郷への思いを交えながらコメントしている。

福山雅治コメント

写真家栗林慧さんと僕が同郷だということ、そしてNHKの自然番組に出演していることを知ってくださっていた映画制作スタッフより、是非主題歌として「蜜柑色の夏休み」を!と、オファーを頂きまして、今回楽曲提供させて頂くことになりました。
歌の舞台は、僕が小学生だった頃の長崎。ある夏休みの1日、電車に乗って祖母の家に遊びにいく風景を歌った楽曲で、まさに「夏休みの日記」といった感じです。
15年近く前の楽曲でもあったので、今回歌は新たにレコーディングしました。楽器もダビングして、MIXも新たに行いました。基本のアレンジは変えていないので、建築で言えば“リノベーション”という感じでしょうか。
新たに生まれ変わった「蜜柑色の夏休み 2015」を楽しんで頂けたら幸いです。
この映画は、僕自身も子供の頃、地元長崎で蝉やクワガタやカブトムシなどをつかまえて遊んでいたことを思い出します。長崎の自然、そこで繰り広げられる生き物たちの生命の物語り。
自然の厳しさと美しさを、この映画で感じていただけたら。

音楽ナタリーをフォロー