音楽ナタリー

ザ・チャレンジ×FoZZtone、初ツーマンで示した互いへの「LOVE」

198

ザ・チャレンジ(撮影:小川舞)

ザ・チャレンジ(撮影:小川舞)

ザ・チャレンジが対バンイベント「ザ・チャレンジ 5番勝負 2015」の初回公演を昨日1月16日に東京・新宿LOFTで実施。2月で活動休止となるFoZZtoneと初めてのツーマンライブを繰り広げた。

この日はまずFoZZtoneのライブからスタート。彼らは「音楽」「TOUGH!!!」などストレートなロックナンバーを矢継ぎ早に放ち、その軽妙なサウンドにオーディエンスも手を上げて応える。竹尾典明(G)は何度もステージから身を乗り出して観客を煽り、渡會将士(Vo, G)はフロアの盛り上がりを眺めながら「最高だぜロフトー!」と声を上げた。

渡會はMCで「休止前最後の対バンライブをザ・チャレンジとできてうれしい」とファンに思いを伝える。さらに彼は「異常なほど好き」というザ・チャレンジのメジャーデビューを祝福し、「それでは皆さま、お手を拝借! よーおっ!」という呼び掛けを合図に「Stomp the Earth」へなだれ込んだ。そして終盤に「Shangri-La」「LOVE」をプレイし、会場をポジティブな雰囲気に包んでステージを降りた。

後攻のザ・チャレンジはまず4月のメジャーデビューを改めてファンに宣言し、1曲目「メジャーデビュー」からハッピーなロックナンバーを連発。沢田チャレンジ(Vo)はMCで「最高の対戦相手と1本目のスタートが切れて光栄です」「渡會が桃太郎なら俺は金太郎、東西両横綱って感じ」とFoZZtone同様に相手への敬意をユーモアを交えて伝える。さらにライブ中盤には「プレイボーイ」の演奏をFoZZtone「LOVE」のカバーに切り替える一幕も。突然の演出に双方の観客が歓声を上げた。

さらにこの日は彼らが「ザ・チャレンジがジャニーズに入ったら」というコンセプトで作ったという新曲「LOVEってる」が初披露された。この曲はチャレンジオノマック(Vo, G)とタラコチャレンジ(Vo, G)の奏でる哀愁漂うメロディが印象的な、1980年代風の歌謡ロック。オーディエンスは、楽曲のリズムに合わせて羽根付き扇子を振る沢田と同様に体を揺らした。そのままディスコビートのナンバーを続けた彼らは本編ラストに「会いたい 会いたい ちょー会いたい」をプレイ。ボーカル3人がシンプルで力強い愛のメッセージを客席に投げかけ、大盛り上がりの中で本編を終わらせた。アンコールでは沢田が2015年の活動について「メジャーシーンという戦場でデカいことをやっていくんでよろしくお願いします!」と決意を伝え、喝采に包まれる。そして対バンシリーズ初戦は痛快なロックンロールナンバー「恋をしようよ」で幕を閉じた。

「『ザ・チャレンジ 5番勝負 2015』第1戦」2015年1月16日 新宿LOFT セットリスト

FoZZtone

01. 音楽
02. TOUGH!!!
03. GO WAY GO WAY
04. JUMPING GIRL
05. Stomp the Earth
06. Gloria
07. Shangri-La
08. LOVE

ザ・チャレンジ

01. メジャーデビュー
02. キラキラ
03. 一等賞
04. 恋のサービス残業
05. 花金ダンス
06. プレイボーイ
07. LOVEってる(新曲)
08. マイガール
09. お願いミュージック
10. 会いたい 会いたい ちょー会いたい
<アンコール>
11. 恋をしようよ

ザ・チャレンジ 5番勝負 2015(※終了分は割愛)

第2戦

2015年1月25日(日)愛知県 池下CLUB UPSET
<出演者>
ザ・チャレンジ / グッバイフジヤマ

第3戦

2015年2月11日(水・祝)大阪府 ROCKTOWN
<出演者>
ザ・チャレンジ / 夜の本気ダンス

第4戦

2015年2月14日(土)東京都 UNIT
<出演者>
ザ・チャレンジ / Charisma.com

第5戦

2015年3月13日(金)東京都 渋谷CLUB QUATTRO
<出演者>
ザ・チャレンジ / and more

音楽ナタリーをフォロー