音楽ナタリー

「素晴らしい演技にパワーもらった」前山田健一、映画「海月姫」劇伴に自信

281

左から川村泰祐監督、前山田健一、片瀬那奈、馬場園梓、長谷川博己、能年玲奈、菅田将暉、太田莉菜、篠原ともえ、速水もこみち、東村アキコ。

左から川村泰祐監督、前山田健一、片瀬那奈、馬場園梓、長谷川博己、能年玲奈、菅田将暉、太田莉菜、篠原ともえ、速水もこみち、東村アキコ。

本日11月18日に東京・新宿ピカデリーにて映画「海月姫」のワールドプレミア試写会が行われ、出演者の篠原ともえや劇伴音楽を手がけたヒャダインこと前山田健一が登壇した。

舞台挨拶には篠原や前山田のほか、能年玲奈、菅田将暉、長谷川博己、太田莉菜、馬場園梓(アジアン)、片瀬那奈、速水もこみちといったキャスト、原作者の東村アキコ、監督の川村泰祐がクラゲをイメージした衣装で登場した。篠原はこだわりのヘッドピースやネックレスを解説しながら、報道陣に「撮ってください!」とアピールした。

その後、出演者は撮影中のエピソードを口々に語り、女装男子の鯉淵蔵之介を演じた菅田が「毛を剃り、エステにも通い、骨格矯正やらメディキュットやら、一生懸命やりました」と明かせば、主人公を演じた能年は「本読みでお会いしたときからすごく痩せられて、お肌のケアも抜かりなくて。比べて私はスウェットからスウェットに着替えて、眉毛も生やしっぱなしで、女性として見習わないといけないなと思いました」と返す。太田も「私も(ジャージの衣装だったので)着替えも一瞬で、しかもノーメイクで」と、菅田に申し訳なさそうに語っていた。

東村は「すごい女優さんたちがあんな変な役をやるんだなと思って最初は怖かったんですけど、原作読んでる方も大丈夫だと思います。バッチリなので!」と映画の出来映えに太鼓判を押し、初めて映画音楽を手がけた前山田は「アニメやゲームと違い、皆さんが演技を終えたあとに曲を付けるので、素晴らしい演技にパワーをもらいつつ曲を作ることができました」と述べた。そしてイベントは能年の「お祭りみたいな映画なので、お祭り気分で陽気に楽しんでいただければいいと思います。海月姫祭り、はじまりであります!」という言葉で締めくくられた。

なお映画「海月姫」は12月27日より全国の劇場で上映開始。主題歌はSEKAI NO OWARIが書き下ろした新曲「マーメイドラプソディー」が使用される。

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】