音楽ナタリー

華原朋美、新旧カバー披露の9年ぶりツアー

209

10月5日に行われた華原朋美「TOMOMI KAHARA CONCERT TOUR 2014~MEMORIES~」東京・NHKホール公演の様子。

10月5日に行われた華原朋美「TOMOMI KAHARA CONCERT TOUR 2014~MEMORIES~」東京・NHKホール公演の様子。

華原朋美が昨日10月5日に東京・NHKホールにて「TOMOMI KAHARA CONCERT TOUR 2014~MEMORIES~」の東京公演を開催した。

カバーアルバム「MEMORIES 2 -Kahara All Time Covers-」を10月1日にリリースしたばかりの華原は、この日のライブでアルバム収録曲「ビリーヴ」や、彼女のオリジナル曲「LOVE IS ALL MUSIC」、JUJUの「やさしさで溢れるように」など新旧織り交ぜたセットリストを展開。MCでは「台風の影響、大丈夫でした?」と語りかけるなど、積極的にオーディエンスとコミュニケーションを取っていた。

ライブ終盤には中森明菜「難破船」、中島美嘉「雪の華」のカバー2曲を立て続けに披露。華原は伸びやかな高音を会場に響かせてオーディエンスを魅了した。ライブ本編終了後のアンコールでは、スペシャルゲストとして、華原のプロデュースを手がける武部聡志がステージに登場する。武部は「客席で観ていて思わず涙してしまいました」と華原のパフォーマンスを称賛。華原は「武部さんがプロデューサーでいてくれて本当によかった」と語り、武部のピアノ伴奏のもと「見上げてごらん夜の星を」のカバーをライブで初披露した。その後、再びバンドメンバーを迎え華原はGLAYの「HOWEVER」を拳を突き上げて熱唱。万雷の拍手に包まれる中、この日のライブは幕を閉じた。

ライブ終了後、囲み取材に応じた華原は「9年ぶりのツアーなんですけど、9年前のことはあんまり記憶がなくて。今はいろんな意味で前に進んでいます」と、今回のツアーの手応えを語っていた。また記者から男性関係について問われると「小室(哲哉)さんからは楽屋花をいただいたんですけど、竹田(恒泰)さんから『花を贈る』って連絡をもらったのに届いないんです」と奔放なトークを展開。最後に華原は今後の活動について「まだまだ目指すところはたくさんある」と語った。

なお「TOMOMI KAHARA CONCERT TOUR 2014~MEMORIES~」は、10月19日の愛知・アイプラザ豊橋 講堂でのライブでツアーファイナルを迎える。

TOMOMI KAHARA CONCERT TOUR 2014~MEMORIES~(※終了分は割愛)

2014年10月12日(日)福岡県 アルモニーサンク北九州ソレイユホール
2014年10月13日(月・祝)大分県 日田市民文化会館 パトリア日田 大ホール
2014年10月19日(日)愛知県 アイプラザ豊橋 講堂

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【プロモーションプランナー】