音楽ナタリー

ゲスの極み乙女。“最大規模”のパーティ終宴

295

ゲスの極み乙女が昨日9月17日に東京・Zepp Tokyoにてワンマンライブ「ゲスなパーティー ~東京編~」を開催した。

1stシングル「猟奇的なキスを私にして」の発売記念ライブとして名古屋と東京で行われた「ゲスなパーティー」。彼らのキャリア史上最大規模の単独公演には約2500人のファンが集結し、来場者は2時間半にわたる“パーティ”を大いに楽しんだ。

開演時刻を少し過ぎた頃、白地に黒の文字で「ゲスの極み乙女。」と書かれたバックドロップ幕を掲げただけのシンプルなステージに川谷絵音(Vo, G)、ちゃんMARI(Key)、ほな・いこか(Dr)、休日課長(B)が順番に登場。フロアから湧き上がる割れんばかりの歓声の中バンドは「だけど僕は」を演奏し始め、川谷の「Zepp Tokyo!」というシャウトがライブのスタートを告げた。

おなじみの「ドレスを!」「脱げ!」のコール&レスポンスから始まる「ドレスを脱げ」で会場の熱気は急上昇。そのままライブアンセム「ゲスな三角関係」へとなだれ込み、いこかが挑発的な笑みを浮かべながら「そろそろゲスの4ヶ条が言いたいんじゃないの?」と言い放つとバンドは「ホワイトワルツ」を披露した。

ちゃんMARIと観客が“コポゥ!”のコール&レスポンスで楽しみ、川谷が「ミュージックステーション」出演時の裏話を明かしたあと、バンドは「猟奇的なキスを私にして」をプレイ。そして「みんなの『パラリラ』でZepp Tokyoぶっ壊そうぜ。皆さんそろそろゲスの極み乙女。と一緒に“アソビ”ませんかー?」と川谷がオーディエンスを「アソビ」へと誘い、続けて「スレッドダンス」で会場を躍らせるといこか以外のメンバーは一度ステージから姿を消した。

いこかによる新作グッズの紹介をはさみ、彼女が豪快にドラムを叩き始めると「いこかなでしこ」を歌いながら課長とちゃんMARIが舞台へと戻ってくる。川谷はステージではなく客席にうさぎの着ぐるみを着て登場。思いもよらぬ事態にフロアは混乱するも、川谷はそのまま同曲と「jajaumasan」の2曲をもみくちゃになりながら熱唱し、ファンを歓喜させた。

MCでいこかは2006年にカメラマン橋本塁主催のライブイベント「SOUND SHOOTER」でZepp Tokyoに初めて訪れたときのことを語り、この日橋本が撮影に入っていることを感慨深げに話してアットホームな空間を作り上げる。その後川谷は10月29日に1stフルアルバム「魅力がすごいよ」の詳細を発表し、バンドは本作に収録される新曲「crying march」「デジタルモグラ」を披露した。

バンドが「キラーボール」でラストスパートをかけるとフロアの興奮は最高潮に。さらにバンドは「song3」のリズムとメロディで会場を大きく揺ゆらし、本編最後には「餅ガール」をドロップ。3人の“餅ガール”も登場し、大量の餅がフロアに投げ入れられると大盛り上がりの中ライブ本編は終了した。

アンコールでは川谷からバンドを結成してからこの日を迎えるまでの軌跡が語られた。その中でバンド名から色モノ扱いされることを悩み音楽を辞めたいとさえ思ったが、この日オープニングを彩ったナンバー「だけど僕は」を書いたことで、自分の弱さをさらけ出してその時期を乗り越えることができたと告白。そして「でもうれしいよ。ここに今2500人もいて。本当にありがとう」と感謝を伝え、バンドは「パラレルスペック」「ノーマルアタマ」の2曲をプレイ。大盛況の宴を締めくくった。

なおゲスの極み乙女。は11月からアルバムを携えてキャリア最大規模のツアー「ゲスな魅力?」を開催。ツアーのチケットは9月27日より一般販売がスタートする。

ゲスの極み乙女。「ゲスなパーティー ~東京編~」
2014年9月17日 Zepp Tokyo公演 セットリスト

01. だけど僕は
02. 市民野郎
03. ドレスを脱げ
04. ゲスな三角関係
05. ホワイトワルツ
06. ハツミ
07. ぶらっくパレード
08. 猟奇的なキスを私にして
09. アソビ
10. スレッドダンス
11. いこかなでしこ
12. jajaumasan
13. crying march(新曲)
14. デジタルモグラ(新曲)
15. ユレルカレル
16. キラーボール
17. song3
18. 餅ガール
<アンコール>
19. パラレルスペック
20. ノーマルアタマ

音楽ナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【音楽ナタリー】